大学生2万4000人が選んだ企業はどこ?--11年卒・大学生就職企業人気ランキング


不況時の「食品人気」

トップ100を見ると食品会社が目立つ。明治製菓が前年の30位から6位に躍進し、初のトップ10入りを果たしたのをはじめ、21位のロッテ(前年42位)、22位のカゴメ(前年38位)、24位の味の素(前年26位)など食品13社が100位内に入った。

そのうち11社が前年からランクアップし、不況時の「食品人気」を印象付ける結果となった。

「味の素」が理系で初の1位に

理系総合では、食品の躍進が際立つ結果となった。味の素が初の1位(前年5位)に輝いた。食品がトップになるのは1978年の調査開始以来初めてのこと。

また、3位のカゴメ(前年10位)、6位の明治製菓(前年22位)をはじめトップ100位内に食品が23社ランクインした。

「味の素は食品分野にとどまらず、医薬・健康分野、アミノサイエンス分野と幅広い事業分野を持つ。また、世界22カ国・地域に拠点を置き、グローバルな展開を行うなど、活躍フィールドの広さをイメージしやすい点が、すべての理系学生にとってプラスに作用したのではないか」(マイコミ)。

選んだ理由では、「業界上位である」「安定している」「やりたい仕事ができそう」が上位を占める結果となった。

総合2位は前年同様にパナソニック。理系男子では初の1位となった。

「業界上位である」「安定している」こと以上に、「技術力が高い」ことが、理由として挙げられていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT