座間事件が映す「若年層の死因1位が自殺」の闇

20年以上改善されていない日本の大問題

座間9人殺害事件の裁判員裁判の公判が開かれた東京地裁立川支部の101号法廷(写真:共同通信)

自殺者が増えている。10月だけでも全国で自殺した人は2158人になり、前年同月と比べて619人、40.2%の増加だ。この増加傾向は今年7月から続いている。

それに、今年になってから、いわゆる芸能人の自殺が目立つ。9月には女優の竹内結子と芦名星が、7月には三浦春馬が自ら命を絶っている。さらにさかのぼれば、フジテレビの番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花が、5月に自殺している。同番組をめぐるSNS上での誹謗中傷が原因であるとされる。いずれも22歳から40歳までの若い世代だ。

こうした日本の状況を象徴するような事件の裁判員裁判が11月26日に結審した。神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件だ。

自分も自殺願望があるようにして誘う

白石隆浩被告(30)は、2017年8月から10月にかけて、ツイッターで自殺願望をほのめかす相手を見つけると、自分にも自殺願望があるように「いっしょに死にましょう」「殺してあげます」などと持ちかけて、遺体発見現場となったロフト付きのアパートの部屋に誘い、殺害している。

しかも、9人中8人は15歳の高校生から26歳までの若い女性で、部屋で首を絞めて失神させたあとに、必ず性行為に及んでから、首に巻いたロープで30分から1時間ほど吊るして確実に命を奪っている。

残る1人の20歳の男性は、最初の被害女性Aと白石被告と、自殺を目的に3人で会ったことから面識があり、事件の発覚を恐れたことが理由だった。

いずれも絞殺したあとは、ロープから降ろした遺体をバスルームに運んで解体。その一部は一般ゴミといっしょに捨て、頭部などはクーラーボックスなどに詰めて部屋に置いていた。その9人の遺体の一部が、同年10月30日にアパートから発見された。

9人の所持品のうち現金は、勝手に自分で使っていた。つまり奪ったことになる。

まさに猟奇的な事件だった。

次ページ風俗のスカウトだった白石被告
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT