人気芸人「23歳年上彼女」と結婚を意識した瞬間 芸人みはるがMr. シャチホコに感じた才能

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小

植草:でも、普通はそのひとめぼれが、なかなか自分のものにはできないわけですよ。自分のものにしたテクニックを知りたいな。

「よく言えば『面倒見のいい先輩』、悪く言えば『お節介おばば』という一面がある」と話すみはるさん(撮影:今井 康一)

みはる:テクニックという自覚はなかったんですけど(笑)。私はよくいえば「面倒見のいい先輩」、悪く言えば「お節介おばば」という一面があって、もともと「うちでご飯つくるから食べる?」と、後輩たちをよく誘っていたんですね。最初はその中の1人として声をかけました。人に何かして喜んでもらうのが好きなんです。姉と2人姉妹の次女なんですけど。

植草:珍しい。普通は弟さんや妹さんがいる人は小さいときから面倒見ていて、そういう気質になって。それが母性本能になって、恋愛で花開くことが多いんです。

みはる:逆に下にいないから、お姉さんぶりたいのかも。

植草:以前にご一緒した時にお聞きしたんですけど、一度ご結婚されているんですよね?その影響かもしれません。

みはる:そうですね。23歳で一度結婚しています。

褒めちぎったり、ちょっかいを出したり

植草:なかなか初婚だとできないものなんですよ。それで、数ある後輩の中から、どういったタイミングでグッと近づいたんですか。

みはる:好き好き光線は私から出していたので、「僕のこと、この人好きなんじゃないか」とたぶん思っていたんじゃないですかね。そういうのを出しつつ、「もしかして向こうもいいと思ってくれてるな」と感じたときにいきました。

植草:そこで、ガッと。

みはる:そうですね。やっぱりひとめぼれしてすぐは「私、好きなんですけど」とはいきづらいですから。

植草:好き好きオーラというのはどういったものですか。

みはる:褒めちぎったり、逆に「シャツ出てるし」と、ちょっとだらしないところを指摘してちょっかい出したり。そういうのをチラチラ。

植草:シャチホコさんも褒めてくれて心地よかったんでしょうね。

みはる:それはあると思います。まだ22、23歳で、ステージをそれほど経験していないから、アドバイスしてくれるいい先輩はたくさんいても、「うまいね」とただ褒めてくれる先輩ってなかなかいないので、うれしかったんじゃないですかね。

植草:相手の生活や生き方に同調して褒めてあげないと、相手は自分のほうには向きませんよね。でも、それがなかなかできないんですよ。交際相手の女性を怖がる男性は多いですよ。「お母さんは優しいのに、なんで彼女はこんなに怖いんだろう」と。旦那さんにとってみはるさんは頼れるし、話も聞いてくれるし、お母さんみたいな人ですよね。

次ページ双方の両親は2人の結婚にどう反応したのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT