樹海の民宿若旦那がYouTuberになった切実な訳 順風満帆な経営だったがコロナ禍で事情が一変

印刷
A
A

もともとうまくいっていた民宿だったが、マサヲさんが若旦那になることでますますうまくいった。まさに順風満帆だった。

しかしそんな折に、新型コロナ禍が訪れてしまった。

「3月の連休までは普通でしたが、4~6月はどの宿も99%減でした。民宿丸慶は完全に閉じたので、100%減ですね。

完全に宿を閉じることができたのは、借金がなかったおかげです」

宿を閉じると時間だけはたくさんできた。

ただ、将来のことを考えるとドンドン不安になっていった。今は借金がないけれど、こんな状況が続けば、いつか借金をせざるをえなくなってしまうかもしれない。

「なんとかお宿以外で収入を得る方法はないか? と考えました。例えば畑の野菜を通販で売るとか、そういうことです」

マサヲさんは、以前からずっと樹海をテーマにしたYouTubeを配信していた。

これは収入を目的としたものではなく、ただただ本当の樹海を知ってもらいたいと思っての活動だった。

YouTubeで収入を得ることを考えた

「今までは考えたことはなかったんですが、YouTubeでも収入を得ることはできるんじゃないか? とも考えました」

しかし自粛期間が過ぎ、コロナ禍も少し落ち着きを見せた。7月には

「フロントにアクリル板を敷く」

「トイレや洗面台を、部屋ごとに完全に分ける」

など徹底したコロナ対策をしたうえで営業再開に踏み切った。すると想定よりたくさんのお客さんが足を運んでくれた。そして予約もたくさん入った。

ホッと胸を撫で下ろしている間もなく、8月に第2波がやってきた。せっかく入った予約は一気にキャンセルされてしまった。

心のイライラを抑えられなくなってしまったのだろう、在宅で仕事をしている妻とケンカになり、彼女は実家に帰ってしまった。

そして、同時期にマサヲさんは実の弟とも仲違いしてしまった。民宿丸慶の仕事を手伝ってもらう約束をしていたのだが、弟は別の場所に移り住んでしまった。

「今までの人生の中でいちばんの絶望でした。僕は家族を大事にしてるはずだったのに、2人も失ってしまいました。目の前が真っ暗になってしまいました」

マサヲさんはそんな絶望的な日々の中、YouTubeでライブ配信をすることに決めた。

『ぼっち樹海心霊凸…100日後に○ぬサヲ』

と題し、毎日深夜に樹海に入り。100日連続で配信をするという内容だった。

『100日後に○ぬサヲ』はツイッターで大ブレイクした『100日後に死ぬワニ』のオマージュであることは明確であり、つまりかなり不吉なタイトルだ。

小学生時代、樹海での自殺者に怒りを感じていたマサヲさんらしからぬテーマである。

「そのときは普通の精神状態じゃなかったですね。狂ってしまっていたと思います。アーカイブを見ると、ヤバいなって思います。地元の人間でも、漆黒の樹海の中を歩くのは怖いんですよ。自暴自棄になって、自分を痛めつけるような行為をしたかったんだと思います」

次ページリスナーの中にはかなり過激な人も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT