ダウとS&P最高値、ファイザーのワクチン治験で 一気に「史上初の3万ドル」到達に向けて急騰

拡大
縮小
9日序盤の米国株式市場では、S&P総合500種とダウ工業株30種が過去最高値を更新した。ダウ平均は一時1600ドルを超えて上昇した。ニューヨーク証券取引所で4月撮影(2020年 ロイター/Andrew Kelly)

[9日 ロイター] - 9日序盤の米国株式市場では、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が過去最高値を更新した。ダウ平均は一時1600ドルを超えて上昇した。

米製薬大手ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)で感染を防ぐ確率が90%以上に達したと発表したことを受け、米経済がコロナ危機から脱するとの期待が高まった。

株価 前日比 % 始値 コード 時間

ダウ工業株30種 29637.37 +1,313. +4.64 29467.90 <.DJI> 9:46

97

前営業日終値 28323.40

ナスダック総合 12039.85 +144.62 +1.22 12046.66 <.IXIC> 9:31

前営業日終値 11895.23

S&P総合500種 3640.15 +130.71 +3.72 3583.04 <.SPX> 9:30

前営業日終値 3509.44

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT