ダウとS&P最高値、ファイザーのワクチン治験で

一気に「史上初の3万ドル」到達に向けて急騰

9日序盤の米国株式市場では、S&P総合500種とダウ工業株30種が過去最高値を更新した。ダウ平均は一時1600ドルを超えて上昇した。ニューヨーク証券取引所で4月撮影(2020年 ロイター/Andrew Kelly)

[9日 ロイター] - 9日序盤の米国株式市場では、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が過去最高値を更新した。ダウ平均は一時1600ドルを超えて上昇した。

米製薬大手ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)で感染を防ぐ確率が90%以上に達したと発表したことを受け、米経済がコロナ危機から脱するとの期待が高まった。

株価 前日比 % 始値 コード 時間

ダウ工業株30種 29637.37 +1,313. +4.64 29467.90 <.DJI> 9:46

97

前営業日終値 28323.40

ナスダック総合 12039.85 +144.62 +1.22 12046.66 <.IXIC> 9:31

前営業日終値 11895.23

S&P総合500種 3640.15 +130.71 +3.72 3583.04 <.SPX> 9:30

前営業日終値 3509.44

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT