「iPhone 12 Pro Max」驚きの特別なカメラ性能

「2020年シリーズ最高峰」を実際に使ってみた

iPhone 12 Pro Maxゴールド。ステンレスながら、ゴールド素材のような輝きと、落ち着いた色の背面は、飽きの来ない取り合わせとなっている(筆者撮影)

2020年のiPhone 12シリーズ最上位モデルとなるのが11月13日発売のiPhone 12 Pro Max(税別11万7800円~)。5G、A14 Bionicなどの高い基本性能に、6.7インチのより大きくなった画面、広角カメラを含むまったく新しい3つのカメラとLiDARスキャナを加えた特別なカメラシステムを搭載した1台の使用感を、先行レビューでお届けする。

筆者はiPhone 11 Pro Max、さらに遡ればiPhone XS Maxと、6.5インチの2モデルを使ってきた。手が小さく、iPhone 6以降両手で操作しないと心許ないと思い、だったら大きい端末を両手でしっかり握ろう、という選択をしてきたのだ。

しかしiPhoneの「Max」モデルは、画面が大きいだけになりがちだった。

2019年から、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」に分類され、望遠カメラが Pro向け機能となったが、Max仕様は画面が大きく、よってバッテリー持続時間が長いだけだった。だが、2020年のiPhone 12 Pro Maxは、画面サイズにとどまらない特典がつく。これについて詳しく見ていこう。

新デザインとその質感に驚く

iPhone 12シリーズは、待望の5G対応、PCと肩を並べるA14 Bionicチップによる高い処理性能、MagSafeという新しい充電・アクセサリーのエコシステム採用など、すでに「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」でお伝えしてきたニュースにあふれたスマートフォンだ。

iPhone 12 Pro Maxも、ほかのモデルと同様、側面が垂直に立ち上がるソリッドなデザイン、言い換えれば、厚さ7.4mmの板状のデザインへとシンプル化された。ディスプレーサイズは6.7インチへと拡大されている。
その側面はステンレスの鏡面仕上げとなっているが、ゴールドモデルは特別なコーティングが施されており、より頑丈で、ほかのモデルよりも指紋がつきにくく、ついた指紋も拭き取りやすい。とはいえ、iPhone 12やiPhone 12 miniなどマット仕上げのアルミニウムモデルに比べると、やっぱり指紋は目立つ。

毎年サイズは少しずつ拡大しているが、2020年モデルは高さ1.2mm、幅0.3mmにとどまり、重さは昨年から据え置きの226g。両手で握る筆者からすれば、あまり大きな変化は感じられなかった。

側面のデザイン変更と0.7mm薄くなったことで、片手でも握りやすくはなっている。ただし、同時に登場するiPhone 12 miniのように、握った親指で画面の端まで届くかと言われればまったくそんなことはなく、やはり引き続き両手で使っていくことになるだろう。

次ページボケも美しい特別な広角カメラ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT