日経平均は5日続伸、2万5000円突破はあるのか

短期間での急上昇で過熱感、下落の可能性も?

 東京株式市場で日経平均は5日続伸し、連日の年初来高値更新となった。写真は東京証券取引所、10月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 9日 ロイター] -

日経平均

終値      24839.84 +514.61

寄り付き    24568.84

安値/高値   24,541.28─24,962.80

TOPIX

終値       1681.90 +23.41

寄り付き     1671.99

安値/高値    1,670.26─1,686.51

東証出来高(万株) 122787

東証売買代金(億円) 26493.03

東京株式市場で日経平均は5日続伸し、連日の年初来高値更新となった。米大統領選について、週末にバイデン氏の勝利宣言が伝えられ、米株先物が大幅に上昇した。日経平均も朝方から堅調な動きとなり、後場には一時、2万4960円台をつけて2万5000円台回復を意識する水準になった。ただ、短期間での上昇に過熱感もみられ、大引けにかけては高値圏でもみあう展開となった。

TOPIXは1.41%高で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆6493億円だった。東証33業種中、空運業、医薬品、鉱業、繊維業など6業種以外は値上がり。非鉄金属、精密機器、情報・通信業などが値上がり率上位に入った。

市場からは「トランプ大統領は法廷闘争を続ける意向を示しているが、マーケットは逆転勝利は難しいと捉えており、バイデン氏へのいわゆる『ご祝儀相場』のような状況だ」(みずほ証券・シニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との声が聞かれた。ただ、短期間で日経平均が急上昇したこともあり、「今後は、様子見姿勢が強まる可能性が高い」(三浦氏)という。

株式相場の堅調な動きの背景には、米大統領選の不透明感が後退したことに加え、米国経済の底堅さもある。「前週末に発表された米国の10月雇用統計など主要経済指標から、景気回復の底堅さが示された。今後、日経平均は調整局面に入る可能性はあるが、下値も堅いのではないか」(SMBC信託銀行・シニアマーケットアナリスト、山口真弘氏)との意見も聞かれた。

個別銘柄では、アシックスがしっかり。東証1部の値上がり率トップに入り、ストップ高で取引を終了。前週末6日に、2020年12月期の通期決算見通しについて、営業損失が140億円から60億円まで赤字幅が大幅縮小すると発表したことが好感された。

その他、メディカルシステムネットワークはストップ高比例配分となった。アイスタイル、阪和興業も高い。

東証1部の騰落数は、値上がり1399銘柄に対し、値下がりが695銘柄、変わらずが85銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT