「トランプ敗北」で起こりかねない深刻な危機

バイデン政権になる前の移行期間が危ない

例えば、トランプがCIAと国防総省の大規模な人事粛清をただちに行う可能性は非常に高い上、目下アメリカの感染対策を指揮する、国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長のような専門家を解雇する可能性がある、とこの関係者は予想している。

イランに「置き土産」をする可能性は

一方、世界的には、中国やイランなどはバイデン政権下で混沌とした状況が改善することを期待して慎重になる可能性があるが、新たに行動を起こす国が出てくるかもしれない。

トランプの支援に多額を投じてきたイスラエルのビビ・ネタニヤフ首相が、「パニックに陥ってトランプに、イランに対して決定的な(歴史的な!)行動を取るよう説得するために全力を尽く可能性がある」と、諜報機関のある高官は話す。

「イランの軍事施設、あるいはイランの機密インフラに対する大規模な空襲だ。イランの対応には、バイデン政権初期におけるテロと秘密戦争が含まれる可能性がある」

東アジアでは、台湾海峡での緊張が同様の危険をもたらす。南シナ海や北朝鮮の状況もしかりだ。トランプ氏が辞任する前に発砲を行う可能性がぬぐいきれない。ここ数カ月、大統領は諜報機関や国家安全保障を担当する高官と接触していない。特に選挙の敗北を阻止するトランプの試みが失敗した場合、無謀なことをしかねない、と懸念する声は少なくない。

アメリカの民主主義は新たな予測不能な段階に入った。唯一確かなことは、トランプ主義の蔓延を封鎖するという希望が新型コロナウイルスに対するアメリカの対応と同じくらいみじめに失敗したということだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT