ホンダeに見た車が「ガジェット化」する未来

ホンダらしい「走る大人のオモチャ」の実力

実際にホンダeの最小回転半径は、4.3mしかない。これは「フィット(4.7m)」どころか軽自動車の「N-WGN(4.5m)」よりも小さい数値だ。それだけに、動きは実にキビキビとしている。

その取り回しのよさを体験するために、試乗会会場には段ボールを積み重ねて作った特設の迷路が準備されていた。

取り回しのよさを実体験するために作られた迷路。室内で行われたのはEVならでは(筆者撮影)

最初は「ここを曲がるのか……」と恐る恐るステアリングを切ったが、やってみればいとも簡単に通過できた。操舵感も軽快そのもので、迷路内を操るのがどんどん楽しくなる。ヨーロッパの石畳を軽快に走るホンダeの姿が目に浮かぶようだ。

200kmという実質航続距離をどう考えるか

ホンダeは、EVならではの力強い走りも見せてくれた。車両重量は、フルEVらしく1540kgもあるが、スタートダッシュは半端じゃない。その愛くるしさからは想像もできない、強烈なトルクを発生する。特にドライブモードをスポーツに切り換えると、圧倒的なパワーで前へと前へと押し出してくる。とはいえ、パワーの出方はとてもジェントルで、不快感は一切ない。

走っているときの乗り心地は、ドッシリと安定感がある。これは、バッテリーと制御系統を一体化したIPU(インテリジェント・パワー・ユニット)を床下に置き、50対50の前後重量配分を実現したことが利いているだろう。この走りはひたすら楽しく、“これこそホンダらしいEVだ”と実感する。

コンパクトでキュートな外観。ホンダeの佇まいは欧州だけでなく日本の街並みにも特に似合いそうだ(筆者撮影)

気になるのは、航続距離だ。上級グレードのアドバンスが259km(WLTCモード)で、重量が軽いベース車は1割ほど多い283km(同)となる。実走行が7割程度と考えれば、200km弱だろう。

しかし、頻繁な長距離走行を想定しない“都市型EV”であるホンダeにとって、これは想定内のこと。むしろ、大都市周辺のニュータウン地区などに多い“近所しか走らない”というユーザーには、200Vの普通充電を自宅で行いながら日常の足として使うホンダeのスタイルは、合っているとも言える。

ホンダが得意としてきたコネクテッド機能をデュアルディスプレイで展開し、スマホとの連携も果たしたホンダe。クルマ系ガジェットをふんだんに盛り込んだ「走る大人のオモチャ」と呼ぶにふさわしい1台と言えそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT