ホンダeに見た車が「ガジェット化」する未来

ホンダらしい「走る大人のオモチャ」の実力

シートやドアの表面生地には、濃淡のあるグレーのファブリックを採用し、ブラウンのシートベルトがアクセントとして映える。フロントシートは幅もたっぷりとしてしてなかなかの座り心地だが、一方でリアシートにそれほど広い印象はない。またヘッドレストは、折りたたんだときの収納性を考慮したせいか、いちいち引き出さないと座れなくて不便だ。

ラウンジ風のファブリック素材で形成されたフロントシート(筆者撮影)

気になったのは、フロントシートの調整が、上級グレードのアドバンスでもマニュアル式だったこと。400万円を超えるクルマにパワーシートが装備されていないのことに驚いたのだ。これについて、ブランド・コミュニケーション本部広報部の木立純一さんに聞いてみると、「パワーシートには賛否があった。しかし、コンセプトが高級志向ではなく街乗りであるため省くことにした」と話してくれた。

RRレイアウトは“独自性”を追求するため

RRレイアウトを採用したパワートレーンは、ホンダ車としては新しい。三菱「i-MiEV」がRRレイアウトを採用していたが、こちらは軽自動車がベースだった。それよりも2回りほど大きなホンダeでRRレイアウトを採用したのは、どんな理由だったのか。

パワートレーンを担当したパワーユニット開発統括部の倉知郁雄さんは、「欧州に多い狭い路地をスムーズに走れることを想定して、当初はFFにする予定だった。しかし、試作車のパッケージングを見ると、他社のEVとあまり違わない。ホンダらしいパッケージングをどう追求すべきかを考え直したとき、RRという発想が浮かんだ」と言う。

ホンダe用に開発された新たなプラットフォーム。大きなタイヤの切れ角にも注目だ(筆者撮影)

もちろん、RRレイアウトを採用すれば、それに応じたデメリットも発生する。たとえば、カーゴスペースはある程度犠牲にならざるをえない。しかし、「クルマの性格上、それほど大きなスペースにこだわる必要はない」と割り切ったという。

むしろ、フロントにエンジンがない分、前輪の切れ角が大きく取れ、最小回転半径を小さく(=小回りが利く)できることは、“都市型EV”を標榜するホンダeにとって、メリットとなる。特に、当初から想定されていた欧州の狭い路地を走るには、大きなアドバンテージになると考えたわけだ。

次ページ迷路で実感した小回りのよさ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT