「老後2000万円」問題打開に必要な所得税の焦点

非課税限度額、退職金税制の改正が求められる

それはなぜか。退職金税制のせいである。退職金は他の所得と区分して分離課税されており、課税前の退職金額から退職所得控除額を差し引いた額の2分の1を退職所得の金額として、これに累進税率が課されて所得税額が決まる。

「2分の1」の理由はいくつかあるが、1つは一時金払いで高額となる所得に累進課税すると、逆に一時金払いのほうが税負担が重くなることを緩和する狙いがある。

ただ、実態としては、退職所得控除の手厚さや「2分の1」としていることが作用して、一時金払いが年金払いより有利になっている面がある。

退職金税制を使い、所得税負担を軽減

現に、短い年数の期間勤務する人に給与の代わりに退職金で支払う形にし、退職金課税の仕組みを使って所得税負担を軽減させる事例も散見される。給与で受け取って毎年所得税を払うより、受け取りを繰り延べて退職金という形で受け取ったほうが所得税の負担が少なくなるというわけだ。近年の雇用の状況をみると、役員ではなくさまざまな職種でこの仕組みを使って税負担を軽減しているとみられる。

もしこの仕組みが租税回避的に使われているとすれば、改める必要がある。ちなみに、2012年度税制改正で、5年以内勤務の役員等の退職金については前掲の2分の1の措置を適用しないこととなった。

老後の資産形成を支える税制として、年金払いでも一時金払いでも、生涯を通じて所得税負担が等しくなるような方向に税制を改めていく必要がある。当面は、非課税限度額の実質的な統合と、年金払いと一時金払いを中立にする制度改正が焦点となろう。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT