スズキ、米GM製の小型車をリコール

小型車「フォレンツァ」と「リノ」18万台超

 5月23日、スズキが米国で2004─08年に製造された小型車「フォレンツァ」と「リノ」18万4244台をリコールすることが分かった。写真は2012年11月、米カリフォルニア州で撮影(2014年 ロイター/Mike Blake)

[デトロイト 23日 ロイター] - スズキ<7269.T>が、米国で2004─08年に製造された小型車「フォレンツァ」と「リノ」18万4244台をリコール(無償回収・修理)する。

これら車両は米ゼネラル・モーターズ(GM)が製造。日中走行用ライトの部品が過熱し、火災が発生する恐れがあるという。

米道路交通安全局(NHTSA)への提出文書から明らかになった。

スズキからコメントは得られていない。

日中走行用ライト部品の不具合をめぐっては、GMは21日、全世界で2004─08年型の「シボレー」ブランドの小型車約28万4000台をリコールすると発表している。

リコールの対象となるスズキ、GMの車両はすべて、韓国で組み立てられた。

GMはリコールを発表した段階で、同不具合に関連した火災の報告を受けているとしつつも、けがや死亡に関する報告はないとしている。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。