ボックス、日本でもスタートアップ投資検討

アーロン・レヴィCEOが語る成長戦略

5月下旬に初来日。オニツカ(アシックス)のシューズを履いていた。「日本に来るから履いたわけではなく、いつも履いているよ」。

ーー昨年、日本法人を設立し、これから活動を本格化する。創業から9年経っての日本進出は遅いように感じる。

そもそもボックスが国際展開戦略を打ち出したのはここ2年程のこと。私共のサービスを使っているお客様が世界中にいるため、現地でいろいろなサポートをしていく必要があると考えた。

国際展開という点では、日本は比較的早い国の一つだ。日本では非常にいいパートナーシップもある。今では、日本の大手企業のニーズにも合うようなツールも出揃っている。3~5年前であれば、まだそういったツールが揃っていなかった。その意味では、いいタイミングで日本に拠点を築けたと思う。アメリカ市場で十分なベータ試験をやってから日本に持ってきている、と考えてほしい。

日本でもエコシステムを生み出す

ーーセールスフォース・コムは日本で自社プラットフォーム上のスタートアップに少数株主として出資している。ボックスも予定はあるか。

アメリカではそうした投資イニシアティブを実際に展開している。我々のエコシステムに協力できるスタートアップに、いろいろと投資をしている。日本でも、多くの開発企業と協力をしていきたい。日本法人の役割は、日本企業への営業を行うだけでなく、日本のすぐれた開発企業と組んでエコシステム(生態系)を築くことだ。まだ時期などは決めていないが、当然のことながら日本でも投資イニシアティブを進める。スタートアップがあまり多くないため、刺激する役割も果たしたい。ただし、囲い込むことを狙って行うわけではない。

ーーボックスには企業が持つ膨大な機密情報が集まる。いろいろなデータが集まれば、それを活用したビジネスも考えられる。企業としては、そこが心配の種にもなるが、そうしたビジネスはやらないと宣言できる?

ボックスはエンタープライズを相手にしている。セキュリティー、データ保護ということは、最も重要だ。顧客のデータをきちんと保護すること自体がビジネスモデルであり、その信頼を破れば、仕事は来なくなる。そこがコンシューマ向けのビジネスを行っているグーグル、マイクロソフトとは異なっている。企業に提供する機能の深さ、サービスの幅広さという点でも、コンシューマ向けサービスとはまったく異なっていると思う。

(撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。