田舎扱いされたくない、茨城のご当地鉄道事情

主役は常磐線だが、ローカル線も見逃せない

こうした県内の路線はいずれも“常磐線接続”によって力を得ているといっていい。圧倒的な重要路線で東京につながる常磐線は、県内鉄道網のまさしく幹そのもの。多少の遠回りがあっても常磐線に接続することでお客がやってくる。常磐線とうまく接続したダイヤを組むことでお客の満足度も高まる。多少なりとも常磐線が遅延したらこちらも合わせて列車を待つ。とにかく、茨城県の鉄道網は“常磐線に始まり常磐線に終わる”のだ……。

つくばエクスプレスは茨城県の鉄道地図を書き換えた(筆者撮影)

ところが、そんな茨城県の鉄道事情、すでに過去のものになってしまった。というのも、2005年に開通したつくばエクスプレスが県南部の鉄道事情を一変させたのだ。それまで、茨城県の人々が東京都心に出ようと思ったら常磐線一択だった。水戸線で小山に出てそこからJR宇都宮線(東北本線)に乗ってもいいし、鹿島線から成田線に乗り継ぐこともできる。だが、大半は常磐線を目指す。それが茨城県の鉄道だった。

しかし、つくばエクスプレスは自ら一直線に東京に向かってひた走る。筑波山塊の南に広がる学園都市・つくばと東京を結ぶことを目的に開通したこの路線は、常磐線と関東鉄道常総線に挟まれた交通空白地を埋め、沿線をベッドタウン化することに貢献した。

そして途中の守谷駅で関東鉄道常総線と接続。おかげで関東鉄道沿線の人たちは、常磐線ではなくつくばエクスプレスで都心に出ることができるようになったのだ。これは千葉県内に入ってもそうで、東武野田線や流鉄のあり方を変容させた。

鉄道の魅力度はかなり高い

つくばエクスプレスの利用者数は右肩上り、沿線住民も増加しており、茨城県の鉄道の主役の座を常磐線から奪いつつあるといっていい。茨城県にとって、つくばエクスプレスは待望の「第二の都心直結路線」なのだ。

ひたちなか海浜鉄道はローカル三セクながら延伸も視野に(筆者撮影)

これで一通り、茨城県の鉄道の旅を終える。まとめてみれば、歴史も格式も立派な常磐線が太い幹として君臨し、個性豊かなJRのローカル線や第三セクター、私鉄が獅子奮迅。そうした中、21世紀にやってきた新参者のつくばエクスプレスが急成長して地図を書き換えようとしている……と、なんともドラマチックな鉄道事情を抱えているのである。

日立電鉄や茨城交通、鹿島鉄道などの廃線も県内各所に点在する。最下位だったり42位だったり、“魅力なし県”扱いの茨城県だが鉄道においてはまったく違う。1つ足りないのは新幹線がないことくらい。そういえば東北新幹線はほんのわずかに茨城県をかすめている。そこに駅ができれば、茨城の鉄道は完全体になれるのだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT