ユニクロUJの恐るべき破壊力《それゆけ!カナモリさん》

ユニクロUJの恐るべき破壊力《それゆけ!カナモリさん》

 

■54型、毎月新デザイン

 2月17日、ユニクロは新ジーンズブランド「UJ」を発表した。ユニクロがジーンズを発売というと、あまりに当たり前に感じてしまうのか大手メディアではあまり大きな扱いの記事にはなっていない。だが、その詳細を知るに、驚いた。ファッション関連の専門サイトFashionsnap.comが詳しく伝えている。

記事は次のように始まる。「UNIQLO(ユニクロ)」のジーンズが生まれ変わり、新ジーンズブランド「UJ」が誕生した。2010年春は54型を揃え、1,990円~3,990円の3プライス制を導入。「ジーンズを変えていく。」をコンセプトに、世界一のジーンズブランドを目指す。加えて、ユニクロ取締役COO大苫直樹氏のコメントも掲載している。「グローバル戦略商品であるUJをユニクロの代表的ブランドとして育て、世界で一番売れているジーンズブランドになるのが究極の目標。」とのことで、これまでのユニクロのジーンズの年間販売数である1,000万本を大幅に越える規模の販売を狙うことを示唆した、という。

UJの登場は、ジーンズ製品を扱うすべてのアパレルメーカーを震撼せしめたことだろう。ユニクロを持つファーストリテイリングには、傘下にジーユーがある。昨年3月に990円ジーンズとして市場に登場し、9カ月100万本の販売実績をたたき出した。日経MJのヒット商品番付でも西の横綱に輝いたことも記憶に新しい。UJのラインナップが加わり、グループで1000円~4000円の価格レンジが揃うことになる。しかもUJは54の型番を持っているのだ。恐ろしいまでの「面」を押さえる戦略だ。

さらに、定番デザインに加え、いま最旬のデザインジーンズを毎月5~7型リリース(Fashionsnap.com)するというから、時間軸でみれば面ではなく奥行きも持っていることになる。あらゆる人が自分の一本を見つけることができるだろう(同)と伝えているが、ユニクロの戦略は顧客に複数購入させる「アップセリング」が基本だ。すべての人々のクローゼットにUJが2~3本入っているようになるのかもしれない。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT