安倍首相、GPIF改革に意欲

フォワードルッキングな改革を推進

 5月22日、安倍首相は2、国際交流会議「アジアの未来」であいさつし、法人税改革を進めるとしたうえで、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)について、フォワードルッキングな改革を進めていくと語った。15日撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - 安倍晋三首相は22日夕、国際交流会議「アジアの未来」であいさつし、法人税改革を進めるとしたうえで、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)について、フォワードルッキングな改革を進めていくと語った。

安倍首相は「日本の改革は前進している。1年前にまだアイデア段階だった国家戦略特区は実施に段階を移している。電力の地域独占は五輪が(東京に)来るまでに打ち破られる」としたうえで、「農業も改革を進め、労働制度は新しい時代の働き方にあわせて見直しをすすめる」と述べた。

そのうえで「法人税改革をいっそう進める。世界最大の年金基金、1兆5000億ドルを超す運用資産を持つGPIFはフォワードルッキングな改革をすすめていく」と述べた。

また、首相は環太平洋連携協定(TPP)について「今は大きな期待をしている。市場ルールと法の支配を尊ぶダイナミックな市場を作ることは、日本に課された責任だ。交渉に次元の違う勢いをもたらしたい」とした。さらに、「TPPの先には域内包括的経済連携(RCEP)やアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)という課題が控えている。いまや大きく踏み出すときがきた。確固たる日本の進路だと信じて疑わない」と語った。

 

(石田仁志)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT