レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退

盤石の人気を誇るが電動化の後れは気になる

ステーションワゴンとして盤石の人気を保持するレヴォーグだが、気になる点もある。それは、電動化がなされなかったことだ。スバルには、e-BOXERと呼ぶハイブリッドシステムがあり、インプレッサやSUVのフォレスターに搭載されている。しかし、新型レヴォーグには採用されなかった。

搭載された新開発の水平対向4気筒ターボエンジンは、環境性能を高めたが、燃費の向上はわずかでしかない。燃費性能や環境性能が求められる今、なぜハイブリッド車がないのか?

その理由として、「ツーリングワゴンの顧客が長距離を走り切れることを重視する」という考え方がある。付け加えてレヴォーグが国内専用車であることも要因だ。電動車両の導入や二酸化炭素排出量規制(燃費規制ともいえる)に罰則がない日本では、電動化に向けた強制力が働かない。

発表会で開発責任者は「新型レヴォーグで九州まで旅をしたい」と期待を述べた。これは顧客の長距離移動への期待を自らも体験しようという思いがあるのだろう。

新型レヴォーグ発表会で語る、開発責任者の五島プロジェクトゼレラルマネージャー(写真:SUBARU)

しかし、ガソリン満タンで1000kmに及ぶ道程を一気に運転し続ける人がどれほどいるだろうか? また、安全運転という視点から長距離移動では、途中で休憩をはさむことが推奨される。その間に給油もできるし、電気自動車(EV)であれば充電の時間があるはずだ。

しかも排ガスゼロを目指し、気候変動を抑制する取り組みは、規制や罰金の有無に関係なく、世界共通の目標であるはずだ。永年ツーリングワゴンを愛するスバリストが、実は環境破壊者の一員であるとしたら、世間の冷たい視線を受けることになりかねない。ここにスバルの次世代へ向けた企業姿勢の一貫性に欠ける、足元の利益追求の姿が浮かび上がる。

「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランド・ツーリング思想は、EVを採用することで低重心化の余地が生まれ、より綿密な4輪駆動制御も可能になるはずだ。適切な休憩をはさみながら充電して移動すれば、現在のエンジン車以上の本質的価値を生み出せる。そこが見えないスバルは、いずれ熱烈なファンを失いブランド力を落としかねないと心配している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT