レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退

盤石の人気を誇るが電動化の後れは気になる

1994年にホンダ・オデッセイが登場してミニバンブームとなり、それから約20年が過ぎて今はSUV(スポーツ多目的車)ブームだ。その25年ほどの間に、セダンとステーションワゴンが数を減らした。ステーションワゴンは、大人5人と荷物を積んで遠出のできるクルマとして永年重宝されたが、その価値がミニバンやSUVに取って代わられたのである。

一方で欧州車は、セダンとステーションワゴンが根強い人気を保っている。もちろん、SUVも販売台数を増やしているが、それによってセダンやステーションワゴンが廃れてしまうことはない。あくまで中核は、セダンとステーションワゴンの構図がある。

欧州車は今もセダン・ワゴンが主流。写真は新型ベンツEクラスのワゴン(写真:メルセデス・ベンツ)

欧州から見るステーションワゴンの存在価値

ドイツ車では、メルセデス・ベンツやBMW、アウディなどの中核車種にセダンとステーションワゴンがきちんと設定されている。ドイツには速度無制限区間のアウトバーンがあり、時速200kmを超える速度で移動することもあるので走行性能が優先され、安定性と快適性を両立した背の低いステーションワゴンには、長距離移動を短時間で済ませられるという利点がある。

ポルシェのカイエンやマカン、あるいはBMWのXシリーズのように、高速走行が得意なSUVもあるが、ステーションワゴンのほうが高速道路で安心と考える消費者が多いことも理由だろう。

一方、欧州でも英国やフランスは、高速道路に時速130kmの制限があり、ドイツに比べれば超高速性能にそれほど懸念はなさそうだ。とりわけフランスは夏のバカンスでの長期移動に適したミニバンのようなマルチ・パーパス・ヴィークル(MPV)の人気が昔から高かった。

アメリカは、日本同様にミニバンやSUVへの人気を高める傾向がある。アメリカの制限速度は州によって異なるが、おおむね日本に近い感覚でいいだろう。

ミニバンやSUVという代替車種の登場により、国内のステーションワゴンは数えるほどになった。それでもレヴォーグが新型を迎えられた背景になにがあるのだろう。

日本ではミニバン・SUVへ移行。現在は、各車ともSUVのラインナップを増やす(写真:トヨタ自動車)
次ページスバルがステーションワゴンを開発する理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT