新しい「iPad Air」進化を遂げた4つのポイント

「iPhone 12」より処理性能が高速という結果に

iPad Airの処理性能は、ミドルクラスのノートパソコンに肩を並べるほどにまで向上していた。ビデオ編集やグラフィックス処理、ARなど負荷の高いアプリも軽々こなすし、将来にわたって同じ性能を発揮し続けるため、iPad Airを長く使っていこうと考えている人にとっても、この性能の高さは未来への安心感になる。

iPad Airには、最新となるApple Silicon、A14 Bionicが搭載される。iPhone 12と同じチップが搭載されるが、その処理性能については差がついており驚かされた。iPad Airでベンチマークアプリ「Geekbench 5」による計測を行ったところ、シングルコア1589、マルチコア4242という処理性能のスコアが出た。

iPhone 12と比べると、シングルコアの性能は同じだが、マルチコアでは10%ほど高速であるという結果が出たのだ。ちなみに4242というスコアは、2020年に発売されたMacBook Pro 13インチに搭載されるIntelの第10世代Core i5と同等の性能である。

グラフィックス性能の計測では、Metalで12383というスコアだった。この性能は前述のMacBook Pro 13インチより20%高い性能を発揮しており、iPhone 12は9355であったことから、同じチップでもiPad Airのほうが約30%高速であるという結果だった。

以前のiPad Airと同じA12 Bionicチップを搭載する第8世代iPadと比べると、処理性能もグラフィックス性能も2倍の数値となっており、iPad Airとの間に大きな性能の差が存在していることもわかる。

A14 Bionicを搭載するiPhone 12は、SmartHDR 3、シーン解析、空を分離して処理するなど、その処理性能によってカメラ機能を大きく向上させ、Dolby Visionでの10ビットHDRビデオ撮影にも対応した。しかしiPad Airではこのあたりの最新のカメラ機能はサポートされず、現段階ではDolby Visionでの撮影にも対応しない。

「指紋認証」も進化

iPad Airのディスプレー側にはTrueDepthカメラが搭載されない。そのため、従来どおり指紋認証のTouch IDが形を変えて引き継がれた。iPad Proと同様にディスプレー面にホームボタンは配置されていないので、縦に構えた上部のトップボタンが、Touch IDセンサーを内蔵する進化を遂げた。

Touch IDを初期設定する際は、指を、ボタンを押さない程度に押し付けながら指紋を読み取らせる。何度も位置を変えながらペタペタとスキャンし、指先を満遍なく読み込んだら、次からはその指でロック解除やApple Payの支払いを行うことができるようになる。

iPadを縦長に持つと、Touch IDは上部になり、右手人差し指でのロック解除が便利。しかし横長の場合、上にApple Pencilの充電・装着ができるよう、Touch IDは左上に移動する。Magic Keyboardなどに装着している場合も同様だ。今度は左手人差し指でのロック解除が便利になる。

そのため、初期設定時に、1つの指を登録したら、別の指も登録するか尋ねられる。筆者は最初に左手人差し指しか登録しなかったが、後から別の指の登録を勧められた理由に気づいた。

次ページ「Photoshop」と「Illustrator」がiPad対応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT