「母の看病」しながら東大合格した19歳の勉強法

削れるムダはとことん削る「超効率化」の執念

それでは、具体的にどのような勉強法を行えばよい結果が望めるのでしょうか?

例えばビジネスパーソンの方々など、社会人になってから英語などを勉強しなおされる方がいらっしゃいますが、ここでのコツは「覚えた単語は一切無視する」ということです。

単語帳で単語を覚えるときなどに、毎回毎回頭から丁寧にさらっていく人がいますが、すでに覚えている単語を見返す時間はまったくのムダです。また、問題集に取り組むときなども、2回目に解きなおす場合には、初見で解けた問題を相手にする必要はありません。

復習するのは間違えたところや不安なところだけでいいのです。毎回答えられる問題をあえて復習する意義は、ほとんどないと言っていいでしょう。

勉強の本質は「知らないことを吸収してレベルアップすること」にあります。だからこそ「自分は何を知っていて何を知らないのか」を常に把握していなければ、成功は遠ざかるでしょう。

「時間の価値」に敏感になろう

ここまで3つの「勉強に潜むムダ」を見てきましたが、これらすべてに共通して当てはまるある特徴があります。

『東大式節約勉強法』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

それは、「時間の価値を意識していない」ということです。

勉強というのは筋トレなどと一緒で、どんな無茶苦茶な方法だとしても、ある程度やり続ければ必ず結果が出てしまうものです。

結果が出てしまうからこそ、自分の勉強方法の誤りに気づきにくい。効率の悪い方法に固執してしまい、勉強の本質を見逃してしまうということになりかねません。

自分が今からそれに費やす時間と労力に対して、いったいどれほどのリターンが得られるのか。これについて自覚的であれば、上記のような「ムダな」勉強方法はとらないはずです。

この機会にぜひ、効率の良い方法を取り入れてみるのはいかがでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT