進化したiPhone「ウィジェット」を使いこなす技

もっと効率的に「ホーム画面」で情報収集する

iOS 14のウィジェットは、複数個重ね合わせることが可能(筆者撮影)

一例を挙げると、グーグルのウィジェットは中サイズだと、検索ができるだけでなく、カメラに写った被写体を認識するレンズや音声検索なども直接ウィジェットから呼び出せる。PayPayのウィジェットも同様に、中サイズはQRコードを読み取るためのカメラを一発で起動可能。利用頻度の高いアプリは、ウィジェットとして重ねておくと、素早く操作ができる。

スマートスタックの作成方法は、配置したウィジェット同士を重ねるだけ。ウィジェット一覧を呼び出し、「スマートスタック」を選択することも可能だ。ただし、後者の場合、スマートスタックとして重ねられるウィジェットが、自動的に決められてしまう。ウィジェットを厳選したいときには、ホーム画面上で1つ1つ重ねていくといいだろう。

スマートスタック内のウィジェットを削除したり、順番を並べ替えたいときには、まず対象となるスマートスタックウィジェットを長押しする。表示されたメニューの中から、「スタックを編集」をタップ。削除したいものは、左右どちらかにフリックして「削除」ボタンをタップする。

3本線のマークが書かれた部分をドラッグすると、重ねたウィジェットの順番を変えることができる。自動でウィジェットを変更する「スマートローテーション」をオフにすることも可能だ。

3.アプリのアイコンも置ける、便利なランチャーアプリ

ウィジェットの中には、複数のアプリへのリンクを格納できるものがある。これを駆使すれば、単純にアプリのアイコンを並べるより、効率的なホーム画面を作ることが可能だ。標準で内蔵されているウィジェットの中にも、「Siriからの提案」というウィジェットがあり、この中の「おすすめのApp」には、時間や場所など、状況に応じたアプリが8つ表示される。

「Siriからの提案」はやや特殊な位置づけのウィジェットで、ウィジェットの下に名前が表示されない。デザイン的には普通にアプリのアイコンを置いただけのようにも見えるが、よくよく見ると、アプリ名が薄いグレーで書かれているため、通常のアプリアイコンとは区別することができる。

「Launcher」の編集画面。同じスペースに置けるアプリの数が通常のホーム画面より多くなる(筆者撮影)

また、サードパーティが作成した、アプリのアイコンを格納するためのランチャーウィジェットもApp Storeで配信されている。代表的なのは「Launcher」。動作に制約はあるが、無料でも利用でき、中サイズのウィジェットには合計9個までのアプリを配置できる。アプリ内課金で980円の料金を支払うと、アプリを10個まで置けるようになるほか、複数のウィジェットを作れたり、時間や場所によって表示させるアプリを変えたりといったことが可能になる。

中サイズのウィジェットは、アプリのアイコン8つ分だが、Launcherを使えば、2つ多く配置でき、スペースの節約になる。アプリ内課金で料金を支払えば、会社と自宅で表示させるアプリを変えたりすることも可能だ。さらに、先に挙げたスマートスタックを併用すれば、アイコン8個分のスペースに何十ものアプリアイコンを格納できるようになる。

このように、ウィジェットは工夫の余地が大きく、iPhoneのホーム画面をより自分好みにカスタマイズすることが可能になる。iOS 14では、これまでと発想を変え、ホーム画面の役割を見直してみてもいいだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT