変貌する日本政治 90年代以後「変革の時代」を読みとく 御厨貴編 ~変転した日本政治20年にさまざまな問いかけ


 また、小沢一郎という存在感の大きい政治家は、政策と政局のはざまで何をどう一貫させ、逆に変化させてきたのか。あるいは、日銀法の改正によって日銀と政府・財務省の関係にはどのような変化が生じてきたのか。本書には、その他にもさまざまな問いかけがある。

編者の御厨氏は、90年代以後を二つの時間軸で考察してみてはどうかと提案している。平成という元号と西暦であり、2000年でどの程度区切れるのかが焦点となる。また、三つのサイクル史観として、長期政権と短命政権が繰り返されてきたことを指摘している。なかなかに興味深い。

小泉改革と民主党への政権交代という巨大な変革を経た今、これからの日本政治の行く末を考えるとき、こうした研究書はさらに蓄積されねばならない。そして、恐らくさらに重要なことは、それが一般の多くの人々に読まれることではないだろうか。

みくりや・たかし
東京大学先端科学技術研究センター教授。専門は政治学、日本政治史。1951年生まれ。東京大学法学部卒業。東京都立大学教授、政策研究大学院大学教授などを経る。当事者にインタビューして、その歴史記録をまとめる「オーラル・ヒストリー」に積極的に取り組む。

勁草書房 2940円 320ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT