コカ・コーラ、米アルコール飲料市場に参入へ

ビール大手のモルソン・クアーズと連携し販売

米コカ・コーラがビール大手モルソン・クアーズと連携し、米国でアルコール飲料の販売に乗り出す。ロサンゼルスで2017年10月撮影(2020年 ロイター/LUCY NICHOLSON)

[29日 ロイター] - 米コカ・コーラ<KO.N>がビール大手モルソン・クアーズ<TAP.N>と連携し、米国でアルコール飲料の販売に乗り出す。コカ・コーラは日本や中南米ですでにアルコール飲料を手掛けているが、米市場では初の試みとなり、アルコール事業拡大につなげたい考え。

販売されるのはコカ・コーラ傘下「トポチコ」ブランドのアルコール入り炭酸水「ハードセルツァー」。

モルソンが製造を手掛け、販売は来年上期となる見通し。

ハードセルツァーは低カロリー低アルコールで、近年需要が高まっており、モルソンにとってはポートフォリオ拡大につながる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT