コカ・コーラ、米アルコール飲料市場に参入へ

ビール大手のモルソン・クアーズと連携し販売

米コカ・コーラがビール大手モルソン・クアーズと連携し、米国でアルコール飲料の販売に乗り出す。ロサンゼルスで2017年10月撮影(2020年 ロイター/LUCY NICHOLSON)

[29日 ロイター] - 米コカ・コーラ<KO.N>がビール大手モルソン・クアーズ<TAP.N>と連携し、米国でアルコール飲料の販売に乗り出す。コカ・コーラは日本や中南米ですでにアルコール飲料を手掛けているが、米市場では初の試みとなり、アルコール事業拡大につなげたい考え。

販売されるのはコカ・コーラ傘下「トポチコ」ブランドのアルコール入り炭酸水「ハードセルツァー」。

モルソンが製造を手掛け、販売は来年上期となる見通し。

ハードセルツァーは低カロリー低アルコールで、近年需要が高まっており、モルソンにとってはポートフォリオ拡大につながる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT