料理初心者でも15分でできる「簡単うまい3品」

お金をかけずにおいしく簡単な在宅楽飯とは

自宅でごはんをちゃちゃっと作るコツをご紹介します(写真:大和書房提供)
テレワークの普及とともに、「仕事の合間に家で食事を」という場面も増えています。そんなとき、自分でちゃちゃっと食べるものを作れたら、お財布にもやさしく体にも安心。『在宅楽飯100 15分で最高のおうちごはん』の著者であるぐっち氏が、家で手早くごはんを作るコツを紹介します。

掃除や洗濯より、料理をやりたかった

わが家は私と妻と小学生の娘の3人暮らし。夫婦ともフルタイムで働いているため、基本的に家事は分担して行っています。私が担当しているのは、日々のごはん作り。買い物、食材管理から調理、後片付けまで、「食事」にまつわるすべての家事を担っています。

「男の人が料理の担当?」と聞かれることもあるのですが、共働きで家事を分担しようとなったとき、「掃除や洗濯よりは、料理のほうがいいな」と思ったのです。

私が料理の楽しさに目覚めたのは学生時代。男2人暮らしの下宿で、料理を作ると、友人たちが食べに集まってくる。そこで「おいしい」と言われるのが嬉しくて、連日作るようになりました。結婚してからもずっとこの流れで料理を続けています。どこかで料理を習ったりしたことはありませんが、作っているうちにレパートリーは増え、次第に上達していきました。

料理に真剣に取り組みすぎて、子どもが小さな頃は「何もかも手作りで、なおかつこだわって作らないといけない!」という謎の強迫観念がありましたが、今は何かまあ、丸くなったと思います。いろんな意味で。

料理は、力を入れすぎてしまうと、続けるのが大変になってしまいます。なるべくラクに、負担なくできるものから始めてみるのがおすすめです。たとえば、インスタントラーメンに、野菜とウインナーを炒めたものをのせただけでも、とてもおいしい。野菜は、スーパーで売っている袋入りカット野菜だっていいんです。

次ページ絶品キムチチャーハンの作り方
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT