JR西ベテラン社員が明かす「新快速」運転のコツ

どっしり安定感ある117系、加速がよい223系

JR西日本明石電車区に勤務する運転士の後藤武夫さんと223系「新快速」(筆者撮影)

2020年10月1日、JR西日本が京阪神地区で運行している「新快速」が50周年を迎える。当初は国鉄113系で運行されていたが、1979年には117系が登場。現在は最新鋭の225系と223系がその任に当たっている。

技術の進歩とともに、新快速の車両も大きく変わった。そして、そんな車両たちを大勢の運転士が操り、新快速の運行を支えてきた。現在、明石電車区に勤務する後藤武夫さんもその1人だ。

父親も鉄道マンだった

後藤さんと新快速の最初の思い出は、高校生のころ。運転免許を取得するため、姫路から明石まで乗車したという。

「そのころはまだ117系がデビューする前で、153系という元急行用の車両が使われていました。『ブルーライナー』と呼ばれる、グレーに青帯が入った車両でしたね」

後藤さんが鉄道マンになったのは、1981年のこと。最初に配属されたのは姫路第一機関区で、機関車の入れ換え作業などが任務だった。

「私の親父も、姫路第一機関区で機関士として働いていました。親父が運転する機関車の先頭に乗って、入れ換えをしたこともあります」

1年後、網干電車区に移動して車両のメンテナンスを担当し、1986年に念願の運転士となる。主な担当エリアは、東海道・山陽本線の大阪―岡山間。新人もベテランも関係なく、普通電車から新快速まで乗務したそうだ。

次ページ乗客も運転士も快適な117系
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT