偽情報にまんまと操られる人が大量発生する訳

ソーシャルメディア上に広がる禍々しい情報戦

心理戦版大量破壊兵器の主要ツールがマイクロターゲティングだ。アルゴリズムに従って有権者をカテゴリー化し、特別にカスタマイズしたメッセージを届けるのだ。結果としてアメリカでは「MAGA!(アメリカを再び偉大に!)」や「壁を建設しろ!」といった叫び声がこだまし、社会の分断と対立が深まった。

ネブラスカ州の市民の個人情報が丸見え

ワイリー氏はこの本の中で「リベラル派の同性愛者で24歳のカナダ人が、どのようにしてCAに加わり、オルタナ右翼向けに心理戦用兵器を開発する羽目になったのか」について詳述している。当事者が自らの体験を振り返っているだけに、真に迫る内容であり読み応えがある。

CAがフェイスブックデータを使い、ロンドン本社内の役員室で実験する様子は生々しい。例えば、発表者がリクエストに応えて、同じ名前のネブラスカ州の市民の一覧をスクリーン上に映し出す。顔写真、勤務先、子どもの学校、自家用車、投票行動、好きなミュージシャン――。どの名前をクリックしてもあらゆる個人情報が即座に出てくる。

もっと驚きなのは、CA幹部がスクリーン上に表示されているネブラスカ市民に直接電話をかけ、個人情報が正しいかどうか確認する場面だ。もちろん、キッチンで電話を取って話をしているネブラスカ市民は、ロンドンとつながって監視されているとはつゆほども思っていない。

CAは英米だけで活動していたわけではない。アフリカ諸国など発展途上国では監視の目が緩いのをいいことにやりたい放題であり、想像を絶するプロジェクトも手掛けていた。

例えばナイジェリアの大統領選挙への介入だ。CAは現職大統領の再選を支援する一環として、対立候補の支持基盤破壊に走った。最もおぞましかったのは、対立候補の支持者をターゲットにしたCA制作ビデオ広告だ。対立候補が勝った場合に訪れる未来の姿として、本物の拷問と虐殺シーンを使ったビデオを作り、恐怖心を煽ったのだ。

秘密裏に個人データが大規模に収集され、その実態を内部告発者が暴いたという点では、CA事件は2013年のスノーデン事件と同じだ。しかし、世界を揺るがせたブレグジットとトランプ政権誕生に決定的影響を与えたのだとすれば、衝撃度ではスノーデン事件を上回っているといえよう。

次ページTikTokが選挙介入に利用される?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT