原油1バレル=30ドル割れの懸念が再び出てきた

大産油国イラクのOPEC脱退の観測まで浮上

新型コロナの長期化で原油価格は再び大きく下落するのだろうか(写真:ロイター/アフロ)

ここへきて原油市場が再び下落の懸念が高まっている。原油価格の指標であるNYのWTI原油先物価格は7月に1バレル=40ドル台を回復して以降、この節目をやや上回ったあたりを中心とした狭いレンジ内で、長いモミ合いが続いていた。だが、9月に入ってからの株価の調整につれるように売り圧力が強まり、8日には1バレル=36.13ドルの安値をつけるまで値を崩している。

売りと買い勢力のバランスが再び崩れかけている

8月までの膠着相場は、新型コロナウイルスの感染拡大や経済活動の落ち込みの影響を受けた需要低迷が大きな重石となっていた。一方で、FRB(米連邦準備制度理事会)の積極的な金融緩和政策や景気回復期待を背景とした株価上昇を好感する形での投機的な買いも下支えしていた。

売り買いが非常に微妙なバランスを維持していたわけだが、ここへきてそうしたバランスが崩れ始めてきたのは間違いない。モミ合いが長く続いた相場というのは、それが崩れた時には往々にして大きく値が動くものだ。

今回の下落局面でも、下げ幅はかなり大きなものとなる可能性が高いと見ておいたほうがよい。状況次第では一時的にせよ30ドルの大台を割り込むまで値を崩すことも十分にあり得る。今回はこうした弱気見通しの根拠を、需要と供給の両面から説明してみたいと思う。

次ページ景気回復のペースが鈍る中、需要は一段と伸び悩む
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT