年収を自ら決められない人は生き残れない時代

未曽有の不況で直面する会社員の職務と成果

ジョブディスクリプションとは、自分が担当する業務内容、その重要度、頻度、指標、必要なスキルなど、自身の職務を定義する書類です。日本ではあまり一般的ではありませんが、欧米では人事評価や求人時に不可欠な書類とされています。

ジョブ型に限らず、従来のメンバーシップ型の雇用形態であっても、職務を明確にしなければリモートワークは機能しません。職務や成果を明確にできれば、会社も安心して仕事を任せることができます。

これからの社会では、こうした書類を自分で作り、職務と成果を自ら定義し、会社に提案できる人が高い評価と収入を得ていくでしょう。

なぜなら、会社が社員全員のジョブディスクリプションを作るのは、大変な作業です。業務内容や範囲、その重要性や必要となるスキルを社員1人ひとりにヒアリングし、詳細に書き出していくことは非常に困難です。

その必要性は認識しても、実際に活用していける日本企業は多くはないはずです。

だからといって、会社から職務を指示されるのを待っているだけの社員は、評価は下がり、給与も上がらず、最悪、リストラということもありえます。

サラリーマンであっても、今後は自営業のような働き方が求められていくのです。それができる人と、できない人では、どんどん大きな差が生まれていきます。

職務と成果を自ら定義し希望年収を会社に認めてもらう

リモート時代に必要なのは、「私は何をアウトプットする役割なんでしたっけ?」「どんな成果を出すんでしたっけ?」といったことを改めて考え直すことです。

自分で自分の職務を決めて成果を出す。

これができない人は、今後は年収が上がらなくなっていくでしょう。前回の記事でお伝えしたように、今や多数の企業が廃業を迫られる、未曾有の不況が訪れようとしています。社員と会社の関係は、よりシビアでドライな、本質的な雇用関係、いや「契約関係」に変化していくはずです。

自営業やフリーランスの場合は、クライアントに「自分はこういうことができます。値段はこれくらいです」と、職務も成果も報酬も、自分自身で決めて交渉します。

次ページ自分の値段は、自分で決める
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT