年収を自ら決められない人は生き残れない時代

未曽有の不況で直面する会社員の職務と成果

会社員も年収を上げるためには、こうした行動が必要な時代になっていきます。例えば、自分の職務と成果を示し「年収600万円ください」と会社に交渉するのです。

自分の値段は、自分で決める。

これがリモート時代に目指すべき働き方です。それができる人なら、600万円どころか、800万円でも1000万円でも取れるようになるでしょう。

目指すは「フリーランスのサラリーマン」

サラリーマンのほとんどが自分の給与に不満を持っていますが、人に決めてもらおうとするから不満になるのです。

自分でやるべきことを決め、それに見合った正当な報酬を会社に求めれば、そんな不満もなくなります。もちろん成果を出すことが大前提ですが、こうした働き方ができる人なら、必ず高く評価され、年収も上がります。

仕事内容にしても同じです。ただ会社から与えられた仕事をこなすのではなく、自ら提案し、実現し、成果を上げれば、働くことが面白くなります。

仕事が面白くなり、希望する年収をもらえる。

これが理想の働き方ではないでしょうか。「この仕事をするから1000万円ください」でもいいし、「これはやりたくないから400万円でいいです」でもいいのです。

自分でジョブディスプリクションを作り、職務と成果と明確にし、適切な年収を求め、それを会社に認めてもらう。これができるようになれば、どんな会社でも通用します。実際、欧米ではこうした方法でキャリアアップしていくのが一般的です。

いつでも転職できる。そう思えるようになれば、今の会社に執着する必要もなくなります。今の会社で評価されれば残るし、評価されないならほかに行けばいい。そういうスタンスで働いていれば、逆に会社のほうから高待遇を提示してくるでしょう。

要は、「フリーランスのサラリーマン」を目指すのです。

ジョブ型雇用が増えていくリモート時代は、そんな働き方がしやすくなります。職務も年収も自分で決める。そんな働き方を目指してみませんか?

アルファポリスビジネスの関連記事
ジョブ型の落とし穴! リモート時代の評価方法とは?
「社員が見えない」リモート時代―—会社はあなたのどこを評価するのか!
人事のプロが語る! 「この会社しんどいから転職しよう」の前に考えるべきこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT