ブラジルのコロナ感染は「安定・下火」WHO見解

感染スピード鈍り、現場の圧力も和らぐ

8月21日、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、ブラジルでの新型コロナウイルス感染動向について、安定もしくは下火になっているとした上で、今後の展開を注視する考えを示した。写真は7月3日、ジュネーブで記者会見するライアン氏(2020年 ロイター/Fabrice Coffrini)

[ジュネーブ 21日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は21日、ブラジルでの新型コロナウイルス感染動向について、安定もしくは下火になっているとした上で、今後の展開を注視する考えを示した。

週間の感染者数は安定し、感染のスピードが鈍っているほか、集中治療室(ICU)など現場への圧力も和らいでいるとし、「国内の多くの地域で下火傾向が明確に見られる」と述べた。同時にこうした動きが一時的か、あるいは継続するかは分からないとした。

ブラジルではコロナ感染者がこれまでに350万人超、死者は11万2000人超で、ともに米国に次いで多い。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT