フワちゃん、ヒットの背景にある「見事な戦略」

テレビ出演は上半期だけで早くも100本越え

フワちゃんはなぜ売れるのでしょうか?(写真:フワちゃん 公式ツイッターより)

フワちゃんの爆売れ快進撃が止まらない。

2019年4月に『ウチのガヤがすみません!』で指原莉乃が注目するYouTuber芸人として紹介されて以来、底抜けにブチアゲなハイテンションと、大御所にもタメ口でツーショットを迫る“あたおか(頭がおかしい)”なキャラクターが受け、たちまちバラエティーで引っ張りだこに。

今年に入ってからは雑誌『クイック・ジャパン』の表紙&特集を飾り、5月には宝島社から『フワちゃん完全攻略本』なる公式ファンブックまで出版。テレビ出演は上半期だけで早くも100本を超えるなど、その人気は天井知らずだ。

だが、テレビに出始めた当初、彼女の扱いはバラエティーのお約束を無視する失礼で空気の読めない“ただのヤバいヤツ”だったはず。共演者の間には「絡みづらいな……」という空気がありありと見てとれたし、その印象は百歩譲って「テレビ的じゃない」、もっと有り体に言ってしまえば「なーんかイキったイタいYouTuberが間違ってテレビに出てきちゃったぞ」という、明らかにネガティブなものであったと記憶している。

それが、わずか1年足らずの間に、フワちゃんはいつの間にかすっかりハッピーでポジティブな“愛されキャラ”の座をゲットしていた。「失礼」から「愛され」へ、エッシャーのだまし絵のようにグラデーションを描いて変貌を遂げることができたのは、なぜなのだろうか。

フワちゃんの戦略だった?「YouTuber」として登場

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

まず、フワちゃんが巧妙だったのは、もともと「芸人」であったにもかかわらず、主戦場をYouTubeに移し、テレビには当初「YouTuber」という扱いで登場したことだ。

最初から「芸人」枠に当てはめられてしまったら、そこでは場の文脈に依存する極めて高度な芸人同士の空気の読み合いに参加し、テレビ的な“お笑いルールブック”を順守しなければならない。

ところが、彼女は「YouTuberだから仕方ない」というハードルの低さを逆手に取り、「テレビ的じゃないヤバいヤツが見たい」という(逆説的にとてもテレビ的な)要請に応え、「YouTuberなのに芸人と対等に渡り合えるタレント」という評価を勝ち取った。

これについては、『フワちゃん完全攻略本』の中で本人も「最初にYouTuberだと思わせたのは、あたしの見事な戦法だったってワケ!」と冗談まじりに発言しているが、半ば本心だろう。

次ページ忖度なし!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT