ネスレが仕掛けるオフィスコーヒー客争奪戦

独自のアンバサダー制度を導入

アンバサダーを使ったマーケティングは、世界のトレンドとなりつつある。米国でも数年前から主にフェイスブックなどのSNSでアンバサダーを募り、クチコミによる宣伝効果を狙う企業が増えてきた。

画像を拡大
アンバサダーを通じて冷蔵庫も設置する予定

「日本でも昨年あたりから、アンバサダーに関心を持つ企業は明らかに増えている」と徳力氏は話す。たとえばソニーモバイルコミュニケーションズでは、2013年12月に自社の携帯電話「Xperia」を一定期間使ってもらい、ブログなどでクチコミを広げてもらうアンバサダープログラムを開始。これまでに約3500人が参加した。

ネスレ日本はすでに、アンバサダー制度を使った次の一手を考えている。今年の夏に向けて、バリスタのようなホットコーヒー専用マシンだけでなく、小型の冷蔵庫を提供して「ネスカフェ ボトルコーヒー」(PETボトル)を補充するサービスを検討している。

過熱するコーヒー戦争

ただ、コーヒーをめぐる競争は激しさを増している。昨年、コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンが、いれたてコーヒーを100円で販売する「セブンカフェ」を本格展開。職場に持ち帰る人も多く、現在では1店舗あたり平均100杯を売り上げる大ヒット商品となった。他のコンビニも追随して、いれたてコーヒーの販売を強化している。

ネスレ日本の今後の課題は、アンバサダーのモチベーションを保ち続けられるかどうかだ。今のところ、「アンバサダーをやめる人はほとんどいない」(ネスレ日本広報)が、マシンを設置しても職場で使われなかったり、職場の人からの代金回収がうまくいかなかったりすると、継続利用されない可能性がある。

アンバサダー制度をどこまで浸透させることができるか。ネスレ日本の勝負はこれからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング