9年目を迎えた「マンゴーパフェ」の内幕

進化を続けるミニストップの定番カップスイーツ

これが今年のマンゴーパフェ。320円だ

行楽、イベントシーズンのこの季節、過熱するのがスイーツ競争。とくにコンビニのスイーツは、いつでも食べられるという手軽さが人気だったが、最近では品質も洋菓子店にもひけをとらないほど進化。また変化が激しい消費者の嗜好に合わせ、週替わりで何アイテムもの新商品が発売されている。

なかでも、創業当時よりイートインのソフトクリームで差別化を図ってきたのが、イオングループのミニストップだ。ファストフード感覚で店内で楽しむオリジナルスイーツにこだわりを持っており、持ち帰り品が中心の大手コンビニのスイーツとは一線を画す。

数ある店内メニューの中でも、今年で発売9年目を迎える季節限定商品の「マンゴーパフェ」は、「ミニストップといえばマンゴーパフェ」と言われるほどの、同店の看板商品だ。

人気の理由は第一に、容器からあふれんばかりに満載されたマンゴーの量。「このゴロゴロ感がたまらない」と、毎年楽しみにしているファンも数多い。

計画比150%の売り上げ

マンゴーに浸っているかのような、そそる宣材

そのマンゴーパフェの今年の新作が4月14日に一部店舗で発売。全国順次展開の初日である25日時点で「計画比150%の売り上げ」(広報部)。しかも、例年以上の好調な売れ行きを記録しているという。

「パフェのような『ハレの日商品』は、土日祝日の休日に出るのが普通で、販売数が平日の倍ぐらいになる。ただ今回は平日だけで休日並みに売れており、販売数を押し上げている格好。正直、予想以上」と、担当者も首をかしげるほど。

大きな理由としては、このところ気温15~20℃の「ソフトクリーム日和」が続いたことが挙げられる。さらに、台湾発のマンゴースイーツ店「マンゴーチャチャ」が日本に出店するなど、マンゴー自体の注目度が高まっていることも、マンゴーパフェ人気を後押ししたのかもしれない。

また、ファンを喜ばせているもう一つの魅力が、毎年、マイナーチェンジを続けていることだが、今回はトッピングのバニラソフトクリームをリニューアルしたため、回しかけるマンゴーソースにも変化を加え、ひと味もふた味も違う味わいに仕上がっている。

ミニストップのソフトクリームはもともと、さっぱりした味わいが特徴だったが、近年ではより濃厚な味を求めるように消費者の嗜好が変化してきたという。そこで国産卵黄を加えてコクを出すとともに、マダガスカル産バニラを増量して香りをアップするなど、素材から新たに見直したのが、今回のソフトクリームだ。

次ページマンゴーの品種にもこだわり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。