発達障害「家族だけで解決するのが超危険」な訳

子供を「叱る」よりもまずは「離れる」を選ぼう

最終的には、本人が「これはまずい」と自覚して、自分から「変わろう」と思わない限り、本人の行動は変わりません。

親が援助する姿勢は大切ですが、同時に「家族が口で言っても、簡単には変わらない」ことは認識しなければいけません。家族にできないからこそ、病院などほかのアプローチが用意されている、と考えてください。

実はASDやADHDの治療をきちんとすることによって、さまざまな問題行動が少なくなっていくことは珍しくないのです。

治療をするうえで「いちばん避けたいこと」

そしていちばん避けたいのは、繰り返しになりますが、家族間の関係が悪くなることです。

『医者も親も気づかない 女子の発達障害』(青春新書インテリジェンス)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

病院で治療をするにしても、家族との関係が良好のほうが、問題の解決につながりやすいことは明らかです。口ゲンカばかりしていたら、治療の相談もできませんから。

父親と3人の子ども、合わせて4人が発達障害、というご家族の話です。息子さんふたりは、学力は十分なのですが、まったく勉強しないで家に引きこもりの状態。

とくに長男は父親に反抗的で、「俺が勉強できないのは、親父のせいだ!」と父親を非難してばかりいます。娘さんは、軽度の知的障害とASDを抱えています。

また、このお父さんがしょっちゅう子どもを説教するので、親子関係は険悪になる一方でした。実は父親にも、ASDとADHDの両方の特性がありました。「もう何も言わないようにしてください」と私から再三指示しているのですが、どうしても彼は小言を繰り返すことをやめられないようです。

父の職場での適応は治療によって改善しましたが、子どもたちの発達障害は、なかなか改善が見られないままでした。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT