日本の最低賃金「メキシコ並み」OECD25位の衝撃

給料安すぎ問題の根因「最低賃金」を上げよ

そもそも最低賃金の高低は、その国の賃金の中央値に対する割合を見て判断するべきで、OECDはこのデータも公表しています。2018年では、日本の最低賃金は中央値の0.42でした。

日本の最低賃金は「29カ国中25位」の低水準

これは、最低賃金制度を導入しているOECDメンバー29カ国中、アメリカとスペインに次いで下から3番目の25位です。ちなみに、賃金の平均値に対する最低賃金の割合は0.36で、29カ国中、下から4番目でした。

誤解2:アメリカの最低賃金はもっと低い

データの中では、最下位のアメリカの数字が際立って低いのが目につきます。このように低い数字になっているのは、アメリカの最低賃金は決め方が少し特殊であるため、実態よりも低い数値が出てしまっているからです。

データにある0.33という数値は、アメリカの賃金の中央値に対する「連邦政府が定める最低賃金」の比率です。アメリカでは、連邦政府の最低賃金を下限に、各州、各市が独自に最低賃金を決めることができます。

次ページ「失業が増える」「韓国は失敗した」という典型的な誤解
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT