米ゴールドマン、四半期利益は市場予想超える

トレーディング収入が93%増、FRBのおかげ?

米ゴールドマン・サックス・グループが15日発表した第2・四半期決算は、トレーディング収入が93%急増したことを追い風に利益が市場予想を大きく上回った。ニューヨーク証券取引所で2018年12月撮影(2020年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[15日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>が15日発表した第2・四半期決算は、トレーディング収入が93%急増したことを追い風に利益が市場予想を大きく上回った。

1株利益は6.26ドル。リフィニティブのまとめたアナリスト予想は3.78ドルだった。

普通株主帰属の純利益は2%増の22億5000万ドル。

収入は41%増の133億ドルで、予想を超えた。

主要4部門中3部門が増収となった。株式、債券トレーディングは共に約10年ぶりの好成績となったほか、新規株式公開(IPO)市場の活況を背景に、投資銀行部門の収入も36%増加した。

貸倒引当金は16億ドルを積み増し。前四半期の9億3700万ドルから拡大した。さらに、マレーシア政府系ファンド「1MDB」の不正問題を巡る和解・訴訟に備えた引当金として9億4500万ドルを積み増した。

ROE(株主資本利益率)は11.1%、ROTE(有形株主資本利益率)は11.8%。引当金積み増しによって、ROEは4.5%ポイント押し下げられた。

競合のJPモルガン・チェース<JPM.N>やシティグループ<C.N>とは異なり、ゴールドマンはトレーディング事業への依存度が高く、消費者向け融資へのエクスポージャーが限定的なことから、コロナ禍による経済的影響は幾分軽度となる見通し。

決算を受け、ゴールドマンの株価は2.6%上昇した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT