米マクドナルドの第1四半期は減益

米既存店売上高の減少響く

4月22日、米マクドナルドが発表した第1・四半期決算は、米国の既存店売上高が減少したことから、減益となった。写真は2013年4月、米カリフォルニア州で(2014年 ロイター/Mike Blake)

[22日 ロイター] - 米マクドナルドが22日発表した第1・四半期決算は、米国の既存店売上高が減少したことから、減益となった。

純利益は12億ドル(1株当たり1.21ドル)と、前年同期の12億7000万ドル(同1.26ドル)から減少。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめた1株当たり利益の市場予想である1.24ドルを下回った。

米国の既存店売上高は1.7%減。コンセンサス・メトリックによると、アナリストは1.4%減を見込んでいた。来客数も減少した。

ただ、世界の既存店売上高は0.5%増となった。欧州で1.4%伸びたことが貢献した。アジア太平洋・中東アフリカ(APMEA)は0.8%増となった。

ドン・トンプソン最高経営責任者(CEO)は、4月の既存店売上高について、「やや増加」するとの見通しを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。