米マクドナルドの第1四半期は減益

米既存店売上高の減少響く

4月22日、米マクドナルドが発表した第1・四半期決算は、米国の既存店売上高が減少したことから、減益となった。写真は2013年4月、米カリフォルニア州で(2014年 ロイター/Mike Blake)

[22日 ロイター] - 米マクドナルドが22日発表した第1・四半期決算は、米国の既存店売上高が減少したことから、減益となった。

純利益は12億ドル(1株当たり1.21ドル)と、前年同期の12億7000万ドル(同1.26ドル)から減少。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめた1株当たり利益の市場予想である1.24ドルを下回った。

米国の既存店売上高は1.7%減。コンセンサス・メトリックによると、アナリストは1.4%減を見込んでいた。来客数も減少した。

ただ、世界の既存店売上高は0.5%増となった。欧州で1.4%伸びたことが貢献した。アジア太平洋・中東アフリカ(APMEA)は0.8%増となった。

ドン・トンプソン最高経営責任者(CEO)は、4月の既存店売上高について、「やや増加」するとの見通しを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT