中国移動、純利益5年ぶり低水準

第1四半期は前年同期比で9.5%減

4月22日、中国の携帯電話最大手、中国移動は第1・四半期の純利益は前年同期比9.5%減の252億4000万元と発表した。上海で昨年12月撮影(2014年 ロイター/Aly Song)

[北京 22日 ロイター] -中国の携帯電話最大手、中国移動<0941.HK>は22日、第1・四半期の純利益は前年同期比9.5%減の252億4000万元(40億5000万ドル)と発表した。5年ぶりの低水準で、3四半期連続で前年の水準を下回った。前年同期は278億8000万元だった。

営業収入は7.8%増の1548億3000万元(248億6000万ドル)。3四半期ぶりの大幅増となったが、減益の回避にはつながらなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。