「クルマの価値観」は、コロナでどう変わったか

暮らし方の変化でクルマニーズが増える理由

海外を含めて競争が激しくなり、年功序列と終身雇用を守っていたら企業が倒産してしまう。役職や給与は成果主義に変わり、保険のサービスも自由化されて郵政は民営化した。職場で周囲の人たちと同じことをしていたら評価されず、個人にも経営者感覚が求められるようになった。

その一方で、ビジネスとプライベートはしっかり分ける。仕事に役立つ勉強をする目的は、会社のためではなく、自分の成長のため。自分の能力が高まれば、それが会社にも利益をもたらす発想だ。身勝手だという意味ではなく、自分と家族を大切にして、そのうえで会社に貢献する自由と自己責任を伴った、マイカー型の価値観に移ってきた。

今回のコロナ禍と、それに基づくリモートワーク、出勤日数の減少と自宅滞在時間の増加は、近年の働き方改革と相まって、マイカー型の価値観を加速させる。これによってクルマの需要が急増することはないが、かねて進んでいたクルマ需要の低下を食い止める役割は果たすだろう。

価値観は今「100年に1度の大変革」へ

これからは、衰退していく都市部のあり方も問われる。リモートワークが進むと、企業は都市部の高層ビルに広いオフィスを構える必要はない。例えば、4フロアを2フロアに削減するといった企業も増えるだろう。

この流れの中で、東京都などの空洞化を抑えるのに必要なことは、日本の経済を牽引してきた実績をブランドに高めることだ。極端に言えば、京都や奈良のように、かつて果たした役割の大切さを、誰もが認識できる価値として発信することが求められる。

日本橋の上に架かる首都高速(写真:千和/PIXTA)

東京都中央区にある日本橋の上空には、現在首都高速道路が架かっている。これを地下に移して景観を取り戻す工事は、以前は不要なことのように思えたが、東京のブランドが問われる今後は、必要な作業かも知れない。都市と住宅の事情が変わり、その中でクルマも新しい時代を迎える。「100年に1度の大変革」が、いよいよ現実味を帯びてきた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT