半袖シャツがダサい人に知ってほしい着こなし 何をどういう基準で選べば不自然に見えないか

印刷
A
A

腕周りをスッキリさせても、半袖姿が学生っぽく見える人がいます。髪型や顔立ちの影響も否めませんが、半袖シャツを選ぶとき、反射的に白色を選んではいないでしょうか。

「ビジネス=白いワイシャツ」という印象が日本では根強いですが、これはジャケットに合わせた姿を想定しています。一方、白の半袖シャツは学生服でよく見かけるため、イメージの差別化がそもそも容易ではありません。

私は半袖シャツに違和感がある人には、白ではなく、うっすら淡い色物をお勧めしています。ノージャケットの半袖という軽装に限っては、白より淡色・柄物のほうが爽やかに見せやすいからです。とくに、ブルー系の淡い色物やギンガムチェック柄に合わせたグレースラックス姿は、暑い夏に清涼感を与えてくれます。

また、リモートワークの会議においても、淡色・柄がアクセントになるため、モニター越しに存在を印象づけられます。実際、スーツ量販店のクールビズ売り場を見渡してみるとさまざまなバリエーションがあることに気づくはずです。

それでも長袖シャツを着たい人へ

それでも長袖を着たい人は、極薄のサマージャケットを折りたたみ傘感覚でバッグに忍ばせておくことをお勧めします。化学繊維で織られた極薄のサマージャケットは、百貨店から量販店までさまざまなショップで見かけるはずです。取引先に会うときだけ着用し、社内ではノージャケットという活用法であれば、ビジネス的に印象面で損をすることはないでしょう。

社内でジャケットを脱いでいるとき、腕についたシャツのシワから相手の視線を逸らすコツがあります。ボディーの色に対して、襟とカフスの色が切り替わった配色の「淡いブルーのクレリックシャツ」です。淡い水色に清涼感がありますし、襟とカフスの生地が白く切り替わっているため、相手の視線が切り替えしに向かうため、白い長袖シャツを着ているときに比べ、腕のシワに目が行きません。

これまで私自身、半袖シャツを邪道だと考えていました。ところが、時代背景も踏まえると、ノージャケット姿の長袖シャツ姿はマイノリティーでしかありません。「郷に入れば郷に従え」という言葉どおり、夏のビジネスシーンでは、半袖シャツをスタイリッシュに着こなすのも大人の男のたしなみです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT