1日300斤売れる「ねこねこ食パン」誕生の裏側

単なる「かわいさ」狙いじゃない緻密な仕掛け

ねこねこ食パンはプレーンが1斤500円、ココアとチョコチップを練り込んだチョコが1斤680円。多いときは1日300斤が売れるという(撮影:尾形文繁)

猫の顔に成型した高級食パン、「ねこねこ食パン」の店が、全国各地に続々と誕生している。プレーン1斤500円(税抜き)のねこねこ食パンが誕生したのは、2019年7月。1年も経たないのに、青森から福岡まで、すでに38店(2020年6月現在)もある。しかも、新型コロナウイルスで外出自粛が要請されていた最中、4月から2カ月間で15店も出店している。

ねこねこシリーズでは、今年5月にねこねこチーズケーキも誕生。こちらの専門店も首都圏と東海エリアに、一挙に7店を出している。

出店者は、「マジカルチョコリング」で知られるベーカリーチェーン、アンティークを持つ名古屋の製パン・製菓会社、オールハーツ・カンパニー。5月22日には、創業の地である名古屋市郊外の東浦町で、ねこねこシリーズと、ほかのブランドのアウトレット品を集めた「ねこねこファクトリー」を開いた。

以前、アンティークとして営業していた場所だが、猫好きなどが集まる現在は、アンティークのときと比べて1.5~2倍に売り上げがアップ。新店オープンの折は、1時間待ちの行列ができることもざら。また、岐阜オアシスパークに開いた折は、1日300斤以上売り上げる人気を得た。いったいなぜ、これほど勢いがあるのだろうか。

コロナ禍でもあえて出店を加速

同社の田島慎也社長は、「出店を加速させたのは、コロナ禍により全社で売り上げが半分近くに落ち込んだことが原因です。商業ビルが緊急事態宣言で休業して、テナントで入る店を開けられなくなり、従業員が自宅待機になりました。そこで、雇用を維持するために、新型コロナウイルスの感染者が少ない地方を中心に出店しました」と語る。

4月1日にオープンした表参道店(撮影:尾形文繁)

以前は売り上げ全体の1%もなかったインターネット通販にも力を入れ、10%規模に急拡大。こうした取り組みで、コロナで落ちた売り上げを夏までに戻そうと目標を立てている。

ねこねこチーズケーキも実は、ECで売れる商品は何か、と考え開発した商品。チーズケーキはここ数年人気のケーキで、冷凍輸送に向いているからだ。ねこねこチーズケーキは、475グラム直径11センチで税別1800円。「チーズの王様」と言われる「ブリー・ド・モー」を使用している。

店舗数を一気に増やせたのは、アンティーク内にねこねこ食パンの店を構えるなどしたから。既存の空間や設備を利用でき、すでにいるスタッフに対応してもらえるメリットがあるという。

次ページねこねこ食パン誕生の裏側
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。