コロナ「院内感染」現役看護師が味わった苦しみ

対策のない医療現場で命を懸けながら働いた

クラスター対応に追われながら、看護師の仕事を必死で行ってきた水木さん。この状況下、自分だって命の危険にさらされている。クラスターの現場で働く人間として、恐怖はなかったのか。

「職場では感染の不安は常にあり、改めて『死』を覚悟もしました。新型コロナウイルスはうつってしまったら打つ手がない。感染したら、『防御できなかった自分が悪い』と思うしかない。私特有の感覚かもしれませんが、恐怖などよりも諦めに近い感覚です。ただ、私は独り身なので『もしコロナが原因で死んでしまったとしても、自分の好きな仕事をした結果だから、笑っていられるかな……』とも思っていました」

「それよりも、『万が一自分が原因で自分の大切な人たちを感染させてしまったら』。そして『その人たちが命を落とすようなことになってしまったら……』と考えると、怖くて怖くてたまりませんでした。プライベートだけでなく、自分が注意を怠ったことで、患者さんに蔓延させてしまうことも怖い。最初はずっとそんなことばかり考えていました」

5月25日には、すべての都道府県で緊急事態宣言が解除。6月中旬現在、水木さんの病院も落ち着きを取り戻してきた。最後の感染者確認から5週間ほど経過し、外来は6月第2週から再開。入院患者の受け入れも第3週からスタートすることになった。

しかし、まだコロナの特効薬が誰でも使用できるわけではない。富士フイルムホールディングスグループの富山化学が生産している「アビガン」は新型コロナウイルス感染症の治療薬候補だが、6月はコロナ感染者数が減り、治験の参加者数を満たせず、6月16日時点で承認されていない状況だ。

第2波、第3波が来ようとも

水木さんは「今後、コロナの第2波が来るのではと懸念されていますよね。私たちも『病院という場所』を職場にしている限り、他の人より感染リスクが高いことが予想されます」と言う。

「『もしも感染者と接触してしまったら……』と考えると、新型コロナウイルス薬の治療薬が完全に完成するまでは、人との関わりはできるだけ控えなければとも思っています。多分、多くの医療従事者は少なからず、私と同じような思いを持っているのではないでしょうか。でももう『やるしかない』。何が起きても、コロナの第2波、第3波が来ようとも、患者さんを守るためにはやってやろうと心に決めています。それが私の選んだ道だし、使命だから」

感染者の受け入れ体制ができていない病院で、感染が拡大してしまったとき、医療従事者の大変さは計り知れない。今後はこれらの個人病院でコロナ感染者が出てしまった場合の、感染拡大を防ぐ「明確な」対策が求められるだろう。今回、取材者から何度も「物資供給も含め、国レベルで(感染者が出た)個人病院をサポートする対策が必要」という言葉を聞いた。

また、緊急事態で、感染予防物資が足りなくなりそうな医療機関には、最低限の物資がすぐ届くよう求められる。そのためには、国や支援者などからの支援がもっとわかりやすく、どのような計画で、どこに流れ、どう使われていくのかを、さらに「見える化」していく必要がありそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT