成功者が教える「肉食採用」のすべて

キバを抜かれた草食系では、優秀な人材は採れない!

熱く語りすぎて煙たがられた採用のド素人

その後、2009年に管理職・グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」を開設。2014年4月現在、会員数30万人、求人企業1800社が登録するサイトに成長しています。

また2012年には、日本人に世界で働く選択肢を得ていただくことを目標に、アジア版ビズリーチである「RegionUP」(リージョンアップ)を開設しました。

このようなサービスを提供しているからか、採用に苦労したことがないように思われがちです。ですが、とんでもありません! 人材の採用など、これまでの会社員人生で一度もやったことがなかったド素人です。

会社設立当初は、誰かれかまわず未来に向けた事業構想を熱く語りすぎるあまり、優秀な人材から煙たがれたこともありました。その強引な熱さが理由で、エンジニアの集まりから出入り禁止を申し渡されたこともあります。完全に熱意の空回りです。

採用に強い会社のマネをする

創業当時、引っ越しも自分たちで行った

そんな僕が行ったのは、採用に強いと言われている会社に秘訣を聞きに行き、彼らがやっていることをひたすらモノマネすることでした。

これまでお話を伺った数は、数十社にも及びます。外資系の企業もあれば、日本の企業もあります。誕生間もないベンチャーもあれば、社歴の長い大企業もあります。

たくさんの会社にいろいろなやり方を教えてもらい実行した結果、5年前に2人で始めたビズリーチは、2014年4月1日現在で従業員数270人、ビズリーチの新規事業として立ち上げ、分社化させたルクサを合わせると400人の規模にまで成長しました。

ビズリーチの2014年度入社式
次ページ「肉食採用」にメソッドあり
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?