北朝鮮、ケソンの「南北連絡事務所」を爆破

現地で爆発音、予告通りに実行に移したのか

 韓国坡州市にある軍事境界線近くの監視所。6月16日撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 16日 ロイター] - 韓国の統一省は16日、北朝鮮が開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所を爆破したと発表した。

北朝鮮は、韓国の脱北者団体による体制批判のビラ散布に強く反発。16日も、ビラ散布を続ければ、北朝鮮軍には行動を取る用意があると朝鮮中央通信社(KCNA)が報じていた。

韓国メディアは、現地で爆発音がして煙が立ち上っていると報道。

韓国軍筋はロイターに対し、軍幹部が爆破されるのを監視映像で視認しと述べた。

南北共同連絡事務所は、北朝鮮と韓国の緊張緩和に向けた事業の一環で2018年に設置された。今年1月以降は、新型コロナウイルス流行を受けて閉鎖されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT