北朝鮮、ケソンの「南北連絡事務所」を爆破

現地で爆発音、予告通りに実行に移したのか

 韓国坡州市にある軍事境界線近くの監視所。6月16日撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 16日 ロイター] - 韓国の統一省は16日、北朝鮮が開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所を爆破したと発表した。

北朝鮮は、韓国の脱北者団体による体制批判のビラ散布に強く反発。16日も、ビラ散布を続ければ、北朝鮮軍には行動を取る用意があると朝鮮中央通信社(KCNA)が報じていた。

韓国メディアは、現地で爆発音がして煙が立ち上っていると報道。

韓国軍筋はロイターに対し、軍幹部が爆破されるのを監視映像で視認しと述べた。

南北共同連絡事務所は、北朝鮮と韓国の緊張緩和に向けた事業の一環で2018年に設置された。今年1月以降は、新型コロナウイルス流行を受けて閉鎖されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT