「一蘭」スタイルを他のラーメン店も真似る訳

コロナ対策に苦闘する飲食店が打ち出す工夫

そうした安全面の観点から評価を高めているのが、天然とんこつラーメンの「一蘭」です。「一蘭」といえば、「味集中カウンター」と呼ばれる1人席スタイルが特徴。店員や他の客に気を取られることなくラーメンに集中してもらいたいという意図から、目の前にすだれ、横に仕切り壁がある独特の客席で、全店で導入されています。この一蘭スタイルが、新型コロナ流行以降、感染予防という観点で脚光を浴びているのです。

「一蘭」で取り入れている「味集中カウンター」が、飲食店のニューノーマルとなりうるかもしれません(写真:編集部撮影)

「一蘭なら安心」「一蘭が開いててよかった」など、ネットでも好意的な書き込みが相次いでいます。本来は純粋にラーメンを味わうための仕組みだった「味集中カウンター」が、お客さんと店員、あるいはお客さん同士の接触機会が極端に少ないという特徴によって効果を発揮し、注目を集めるのだから、世の中わからないものです。実際に、感染症専門家から、仕切り壁は飛沫感染予防に効果があると認められているそうです。

しかも「一蘭」は、このコロナ禍の逆風をつき新店をオープンさせるほどの勢いです。その新店では、除菌マットの設置、キャッシュレス対応の食券機の導入など、一層の防止策が取り入れられています。また、ある店舗で試験的にエアシャワーやサーマルカメラを設置し、効果を検証しつつ、さらなる衛生管理に取り組むなど、全店での感染予防対策により注力していく方針を打ち出しています。

飲食店のニューノーマル

味集中カウンターというストロングポイントに気づいた「一蘭」は、一気に安全性ブランディングで攻勢をかけようとしているのでしょう。コロナ禍における「一蘭」の奮闘は、客足が伸びずに頭を抱える飲食店において大きな勇気となるはずです。

お客さんへの「安心」の提供は、業績面の回復に大きく貢献してくれそうです。また、この「安心」は、当然ながら従業員へも提供されることになります。従業員の安定稼働は、いつの時代も店舗を運営するうえでの大きな財産です。

「ラーメン二郎」が設置した仕切り板のお手本は、どうやら「一蘭」にありました。ほかのラーメン店でも仕切り設置に追随する流れが生まれています。ひょっとしたら数年後のラーメン店では、カウンターが仕切られていることが当たり前の光景となっているかもしれません。そういえば、一部のカフェなどでもアクリル板の仕切りを設置するお店が現れています。

美味しいものをより安全に。ラーメンの味に集中するために開発されたカウンターの仕切りが、「飲食店のニューノーマル」となりうるひとつのカタチを提示しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT