在宅→職場「やる気が出てこない人」が当然の訳

働きが鈍った脳を慣らしていくのは時間要する

オンライン会議を頻繁にやっていたという人も、しばらく「その場の空気を感じて発言する」「相手の感情を察して動く」場面から遠ざかっていたのに、今日からいきなり「さあ、がんばろう!」と言われても、無理な話というものです。

情報はリアルであればあるほど「脳の理解度」があがる

自らが行動せず、家からでもどこからでも、良質な情報を手に入れる方法はいくらでもあります。

ですが、実際に自分が見聞きしていない情報のやり取りでは、脳の反応は鈍くなりやすいのです。目にうつっても、リアルでないものは、脳の理解度が圧倒的に落ちてしまいます。

海外の研究報告によると、赤ちゃんが「実際の母親」と「画面上の母親」を見たときでは、前者のほうが理解系脳番地の反応が強かったそうです。リアルなほうが脳の理解度を深めるという傍証だと言えます。

オンライン会議では、お互いの皮膚感覚から受ける刺激がありません。人はお互いに物理的に接触していなくとも、何だかんだと肌で情報を得ているのです。

ネットやテレビなどを見ているときの脳は、ずっとぼけた目でぼけた音を聞いているような反応になっています。いくら画質が高くてもです。

つまり、リアルの体験と画面を通した情報は皮膚感覚に訴えるか否かという点でまったく異質のものなのです。

リアルな世界ならば必ずあるムダやノイズ、空気、匂い、といった情報がごっそりとそぎ落とされてしまったままなのです。

『ぐうたらな自分を変える教科書 やる気が出る脳』(すばる舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

同じ話をするのでも、オンラインや電話よりも直に会ってじーっとその人の声色を聞いたほうが、はるかにその人のことがわかります。リアルに会ったほうが、脳が活発に反応し、やる気効果も増大するのです。

ステイホームでリアルと切り離されていた人が、いきなりリアルたっぷりの世界に戻されれば、そりゃ疲れるし、やる気だってすぐには戻りません。

でも、大丈夫、「リアルに見る」「リアルに聴く」機会を増やすことで、脳が活性化し、やる気が戻りやすくなります。

働きが鈍った脳を少しずつ慣らしながらバックtoオフィスを私は推奨したいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT