女性に向かない仕事がある、というウソ

不動産業界でも女性は輝ける、高知のモデルケース

今、私が取材を終えてつくづく思うのは、武樋社長の人を育てる力こそが、女性活躍を可能にしたということです。同社は今、物件のオーナーを対象とした平日だけ営業するお店の出店を検討中です。なぜなら部屋を借りたい人は土日祝日に来店するため、従業員は平日しか休みをとれません。これはワーキングマザーにとって負担がかかります。

しかし、平日だけの店舗を新たに出店するとなると、今の店舗を誰が見るのかという問題が浮上します。武樋社長はこともなげに、「若手に任せようと思います」とおっしゃいましたが、私はそれこそ同社のいちばんの強みだと思うのです。

普通の企業ではベテランがメインの営業行為を行い、後輩はそれに同行して仕事を覚えたり、先輩の手伝いをしたりします。しかし同社はそこがまったく逆で、メインの営業行為は若手が行い、先輩社員はそれをフォローするという仕組み。本人の成長のため、あえて「困ったな」という経験をどんどん与えているのです。

それだけでなく、たとえば宴会で乾杯の音頭をとるというような「小さなヒーロー・ヒロイン体験」ができる機会を、日常的に設けています。それが社員に緊張と喜びをもたらすからです。

この社員のやる気を引き出す風土があればこそ、産休をとる女性社員とそれを支える若手社員の連携プレーがうまくいっているのではないでしょうか。たとえ経験が浅くても、社員自ら「私、やります!」と手を挙げる社風があれば、中堅社員が産休に入るからといっていちいち動じないですむ。社員が協力し合う風土があるから、たとえば子供が熱を出したため早退する人がいても、そのフォローが円滑にできる。

同社のやり方は、女性を引き上げるだけでなく、若手社員をも引き上げるものです。若くて実績がなくても、どんどんやらせてみる。その代わりいつでも相談にのるし、何でもサポートする。だから誰でも安心してチャレンジできる。これが同社に笑顔があふれている秘密だと思います。ファースト・コラボレーションから、学ぶべきことはとても多いと感じました。

今回のファースト・コラボレーション社のように、THE男性社会の中でも女性が活躍し、業績貢献をしている会社を教えてください! お問い合わせは→info@yoshidamasaki.comまで。
タイトルにあるように、「営業部女子課」は女性の営業職が会社を超えて集まるリアルなコミュニティです。
現役の営業女子の方はもちろん、部下に営業女子を持つ上司の方にも関心をもっていただけるとうれしいです。
営業部女子課 http://www.eigyobu-joshika.jp/
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT