ウクライナ東部の緊迫化、ロシア関与の可能性

独政府当局者の見方

4月14日、独外務省の報道官は、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。写真は親ロシア派の武装グループ(2014年 ロイター/Gleb Garanich)

[ベルリン 14日 ロイター] -独外務省の報道官は14日、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。

同報道官は「東部で発生している衝突にロシアが関与していることを示す多くの情報源がある」と語った。

別の政府当局者は、14日の欧州連合(EU)外相会合でロシアに対する追加制裁について協議すると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。