ウクライナ東部の緊迫化、ロシア関与の可能性

独政府当局者の見方

4月14日、独外務省の報道官は、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。写真は親ロシア派の武装グループ(2014年 ロイター/Gleb Garanich)

[ベルリン 14日 ロイター] -独外務省の報道官は14日、ウクライナ東部で緊迫化している情勢について、ロシアが関与している可能性があるとの見方を示した。

同報道官は「東部で発生している衝突にロシアが関与していることを示す多くの情報源がある」と語った。

別の政府当局者は、14日の欧州連合(EU)外相会合でロシアに対する追加制裁について協議すると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT