「〇〇美術館展」にたいした作品が来ないワケ

美術展の裏側はいったいどうなっているのか

2019年春に国立新美術館で開催の「トルコ文化年2019 トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」は日本経済新聞社とTBSテレビが主催であり、2019年秋の「ハプスブルク展」はTBSテレビと朝日新聞社が主催である。

同じ「主催」でも、先に会社名を書いてある方が主導権を握っている。だから「ハプスブルク展」はTBSテレビが中心である。読売新聞社は系列の日本テレビとよく組むが、同じような「〇〇美術館展」でも内容に工夫がある展覧会は読売新聞社、日本テレビの順に並んでいることがわかる。

たいした作品は来ない

海外の有名美術館の「引っ越し」のような「〇〇美術館展」。頼みもしないのに資金のあるマスコミが借りてきてくれるから、観客はわざわざ海外に行くこともなく、わずか1700円で世界の名品を見ることができる。税金が使われているわけでもないし、いいじゃないかと思われるかもしれない。だが実はそこには、いくつかの問題がある。

ルーブル美術館のモナ・リザの部屋は観光客でごった返している(筆者撮影)

まず第一に、たいした作品は来ない。レベルの高い作品は2、3点のみの場合が多い。海外の有名美術館には、例えばルーヴルの《モナ・リザ》のようにそれを目当てに多くの観光客が押し寄せる。だから本当の目玉作品は動かすわけにはいかない

名の知れた画家のあまり有名でない作品を遮二無二目玉にし、テーマを設定してそれ以外のよく知られていない同時期や同テーマの画家や彫刻家の作品を50点から80点ほど集めて「展覧会」にしているというわけだ。

『美術展の不都合な真実』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

大英博物館で言うと800万点が所蔵されており、大半は展示されずに倉庫にある。だから100点に満たない作品は何百回でも貸し出せる。

マスコミ、とくにテレビは収益を上げるために特別番組を組み、テレビスポットを打つ。一緒に組んだ新聞社でも一頁特集を数回組む。それらを見ていると、どうしても行きたい気分になってくる。ところが行ってみると長蛇の列。

だいたい1日に3000人入ると大きめの美術館でも「混んでいる」感じがするのだが、当たる展覧会の最終日近くの土日は1万人を押し込む。そうなると入場するのに1、2時間かかることはザラ。

先述したように、これでは人の頭を見に行くようなもので、とても落ち着いて作品を見ることはできない。新聞社は「文化催事」というが、およそ非文化的な光景がそこにはある。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT