米シティグループ、200~300人を削減

従業員の2~3%、市場低迷で支出抑制

4月14日、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が関係筋の発言として伝えたところによると、シティグループは、従業員の約2%に当たる200─300人を削減した。シティグループのロゴ。ニューヨーク州で2009年4月撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[14日 ロイター] -米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の発言として伝えたところによると、シティグループは、従業員の約2%に当たる200─300人を削減した。

同紙によると、同行の広報担当は、支出を厳しく抑制しており、「市場の現状を考慮して人員削減を行っている」と述べた。

コーバット最高経営責任者(CEO)が14日の第1・四半期決算発表後に投資家向けに説明を行う。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。