米シティグループ、200~300人を削減

従業員の2~3%、市場低迷で支出抑制

4月14日、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が関係筋の発言として伝えたところによると、シティグループは、従業員の約2%に当たる200─300人を削減した。シティグループのロゴ。ニューヨーク州で2009年4月撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[14日 ロイター] -米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の発言として伝えたところによると、シティグループは、従業員の約2%に当たる200─300人を削減した。

同紙によると、同行の広報担当は、支出を厳しく抑制しており、「市場の現状を考慮して人員削減を行っている」と述べた。

コーバット最高経営責任者(CEO)が14日の第1・四半期決算発表後に投資家向けに説明を行う。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。